コロナウイルスでコルドバ・メスキータもクローズへ

コルドバ

スペインでも、新型コロナウイルス感染者が急激に増え、
バレンシアの火祭り、マラガの映画フェスティバルも延期が決定となりました。

毎日状況が変わっています。
動きがあれば新しい情報は一番下に、変更情報は更新していきます。

マラガのコロナウイルス情報はこちらです ↓

スペインの状況

日に日に感染者数が増え、動きがありますが、
現在の時点で、Madrid, Cataluña, Murcia, Euskadi, La Rioja,Galiciaの自治州で、
学校・大学が休校となっています。

*アンダルシアも3/16~27まで休校が決まりました

日本大使館から送られてきた11日夜のメールによると、

3月11日13時現在,スペイン全土の感染者数は累計で2,128人(前日比31%増)
アンダルシア州で90人

そして、1日後の今の情報によるとスペイン全土で2968人、アンダルシア州で感染者115人。
アンダルシアも増え続けています。

コルドバの状況

アンダルシア地方で、グラナダとともに感染者が一人も出ていなかったコルドバでも、
一昨日、初感染者が出て、昨日2人目、今日3人目が。

「コルドバは大丈夫!」と根拠はなくとも、確信していた市民にとって、
初感染者のニュースは、かなりのショックだったようで、
それまでの何事も起こっていなかったような、穏やかな日常が嘘のように、
昨日はスーパー、メルカドーナからトイレットペーパー、牛乳、鶏肉などが消えていました。

イベントなども次々と制限・延期に

そんな中、市は、
市が主催する全てのイベントを制限して監視するか、延期にすることを発表。

動物園、美術館、アルカサル、結婚式などの密閉された空間の人数制限を行い、
高齢者ためのアクティビティを行う14のセンターはクローズ、
Gran Teatro, Góngora, Axerquíaで開催されるコンサートや舞台などは延期または中止になります。

メスキータもクローズへ

メスキータでは、1日に見学できる人数を1000人に制限し、

3月13日19時から4月1日までクローズされることになりました。

これから15日間に予定されていた文化プログラムのアクテビティを中止すると発表。

3月13, 14, 21,27日に予定されていた、サエタ、オーケストラと聖歌隊のコンサートが中止になりました。


ファッションショーの延期

ファッション界にも影響が出ています。

以前、このブログやYoutubeで紹介した、
スペイン王妃が着用したドレスのブランドMatilde Canoのファッションショーが延期に。
そして、ビアナ宮殿ではデザイナー、Juana Martinのファッションショーが延期になりました。

スポーツの試合も延期

サッカーのLa Ligaも最低2週間の全試合の延期を発表。

コルドバCF Femeninoの千葉望愛選手のTwitterにも書かれています↓

フットサルのCórdoba Patrimonio de la Humanidad も2週間お休みです。

これ以外も、たくさん中止・延期が発表されていますが、
観光で行くところは(今のところ)含まれていません。

ただ状況は変わっていくでしょうし、
これから、セマナサンタや、コルドバに最も観光客が訪れる5月に向かっていくので、
状況・情報からは目が離せません。

観光でいらっしゃる方、
そしてこれから向かわれる方は、まず外務省から出される情報を必ずチェックし、
くれぐれも気をつけて旅行してくださいね。

ツーリストインフォメーションセンター(観光案内所)がクローズに

現在ある二つのツーリストインフォメーションセンターも、クローズされることになりました。
その間の観光案内は、電話やインターネットでの対応となるそうです。

パティオ祭り期間外も見学できるルート『dePatios』もお休み

パティオ祭りは5月ですが、
その期間外も5つのパティオが見学できる『dePatios』
3月14日から31日までお休みです。

スーパーに行列、商品がなく一時クローズも

3月13日(金)には、コルドバ市内のスーパー、メルカドーナに入ろうと、
30メートルの行列が。

そして、地元の有名スーパーDezaでは商品が十分になく、午後クローズされました。
土曜日には通常通り、営業を再開するということですが、
スーパーに家族連れでいくことが多いスペイン。
「買い物に、感染を避けるために、家族大勢ではなく一人で来てください」と呼び掛けています。

マラガのコロナウイルス情報はこちらです ↓

 

***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***


タイトルとURLをコピーしました