世界遺産メスキータを訪れる人は必読!入場時の注意事項と無料見学の詳細など

コルドバで観光

コルドバ観光、一番人気の世界遺産「メスキータ」。

emi
emi

短時間しかコルドバに滞在しない人も、必ず訪れる観光スポット!
メスキータを見学する皆さんの役に立てるよう、わかりやすさを心掛け、いつも以上に と同じように気合いを入れて書いてみます💪(*^^)v

 

 

メスキータの入場料は、通常だと大人10€ですが、無料で入場できる時間帯があります。
その流れと利点・欠点など、おすすめ度を写真や図を交えてお伝えします。

そして、メスキータの入場(モスク&カテドラル見学と塔)に関する基本インフォメーションと、通常のオープン時間に入場する際のチケットの買い方などもまとめました。

月ごとにオフィシャルで発表されるオープン時間のスケジュールや、コルドバ在住だからこそわかる情報なども、できるだけ更新していきますね。

✿関連記事✿メスキータの基本的な見学の仕方はこちら↓

世界遺産メスキータに無料で見学できる時間がある!

月曜日から土曜日まで、朝8時30分から9時30分までの1時間が無料です。

ただし…
宗教に関する祝日、特別な宗教行事がある場合など入れないときもあります。

世界遺産メスキータ 無料入場の流れ

一番早く開門され、一番メスキータの建物の入り口に近い、西側のCalle de Torrijos(トリホス通り)に面した、Puerta de los Deanes (ディアネス門)を目指してください。

こちらの通りにある門です。

ちなみに各門の入り口の足元に、名前が記してあります。

この日は、土曜日の朝8時半前という時間にも関わらず、すでに並んでいる人たちが。

8時30分と同時に門が開けられました。

建物には、Puerta de las Palmas(シュロの門/椰子の門/栄光の門 …上の図の赤い星印 から入ります。
みんな向かうところは同じなので、ついて行きましょう。

入り口で簡単な持ち物チェックがあります。(大きなリュック・バッグ、三脚は持ち込めません)

そして、いよいよ建物の中へ!

朝一なので、入ってすぐに、殆ど人がいないこんな写真も撮れました。

ちなみに門を入って、真っすぐ突き当りまで進むとミフラーブ(mihrāb…メッカの方向を示している壁の窪み。上の図の青い星印)があります。

豪華すぎて見逃すほうが難しいかもしれませんが、急いでいて見られなかったということのないように。

そして、中心には堂々とカトリック教会部分が。

一旦中に入ると厳かな雰囲気の中、どこまでも続く円柱の森に迷い込みそうになりますが、実はとてもシンプル。

出口は入り口と反対側になるので、入って左回りに一周すると、一通り見ることができます。

そして、9時30分近くになると、出口の方に誘導され、中にいた人みんなが出口に向かいます。

さっきまで、散らばって見学していた人たちが一斉に同じ方向に向かって歩いていくので、何か変だな?と感じたら見学終了の時間。
最後に名残惜しく、写真を撮っている人たちも。

こうしてあっという間に1時間が過ぎていきます。

世界遺産メスキータ 無料見学をおすすめする点

◆なによりも無料であること

◆8時30分オープンと同時に入れる&この時間はグループ入場ができないので、通常より人が少なく静かに見学できる

ただ、当然9時30分までの間、時間と共にだんだん人が増えてくるので、同じ早起きをするなら8時30分前に着いて並んで入るのがおすすめ

◆9時30分の無料見学終了時間直前になると一斉にみんな出口に向かうので、最後まで出口付近で粘っていると、誰もいないメスキータ内の写真が撮れる可能性もある

世界遺産メスキータ 無料見学をおすすめしない点

◆ミサ準備中のため、キリスト教会部分、中央礼拝堂には入れない

小さな柵で仕切られているため入れませんが、目隠しがあるわけではないので、見学&写真は撮れます。

◆オーディオガイド(日本語のサービスはありませんが、英語やスペイン語はあり)の貸し出しの時間外である。
(もし、貸し出しがあってもオーディオは1時間15分なので全部聞きながら見学するのは、1時間では無理なんですが…。)

◆じっくり見学したい人にとっては1時間だと、駆け足で見学した感が否めない。

世界遺産メスキータ 無料見学か通常見学か? 目的によって決めよう!

やはり、それぞれの目的・旅のスタイルによるでしょう。

さらっと、あまり時間をかけないで一通り見たい人、本当に時間がない人には、断然、朝の無料入場がおすすめです。

1時間と時間が限られているので、早起きし、その後の時間も他の観光スポットを見学するなど、有意義な時間の使い方ができると思います。

万が一、当日宗教行事があることを知らず、運悪く入場できない場合も、メスキータの近くには花の小径やローマ橋などもあるので、朝の光をいっぱい浴びながら近くを散策し、通常オープン時間(有料)の10時に備えることができます。

また、無料入場し、もし一時間では物足りないと感じたり、もっとじっくり見たくなった場合は、10時になるのを待って入場料を払って普通に入るというオプションもあります。

逆に、最初からじっくり見たいと思っている人、そのためにたっぷり時間をとってある人、時の流れを感じながらゆっくりメスキータ内を “散策したい人” には、一時間は短すぎます。
写真を撮りたいところに人が集まっていて、順番を待っていたりするだけでも時間が過ぎていきます。

最初から二度(無料と有料)入場しようというプランでない限り、無料入場だけでは時間が足りないでしょう。

世界遺産メスキータ 通常の入場の方法

無料時間(月-土の8時30分から9時30分)ではなく、の通常の時間帯に見学する場合についてです。

チケット売り場は、鐘楼の横の門、免罪の門( Puerta del Perdón …下の図のオレンジの星印)を入ってすぐ左にあります。

鐘楼の近くから、塔に上るチケット売り場、メスキータ(モスク&カテドラル見学)のチケット売り場、団体用のラジオガイド貸し出し場所、オーディオガイド貸し出し場所…と、自動券売機も間に挟んで並んでいます。

この写真の日は連休最後の日曜日だったため、長い列ができていました。

そして、建物への入口は右の奥(上の図の赤い矢印になります。

また、時間があれば、是非塔に登ることをおすすめします。
高さ54m、らせん階段203段と決して高くない鐘楼ですが、メスキータ全体やコルドバの街を上から眺めることができます。(*塔の一番上までではなくバルコニーのところまで登れます)

料金はモスク&カテドラル見学とは別になっていて(2€)、30分おきの (9時30分~18時30分まで)時間制になっているうえ、一度に登れる人数が20人と限られているため、まず、塔のチケット売り場(下の写真)へ行って空き時間を確かめ、希望の時間の予約をされることをおすすめします。

5分前までに到着して、人数に空きがあれば、その場で申し込みすぐに登ることができます。

世界遺産メスキータ入場 基本インフォメーション

最後に入場に関しての注意などの基本インフォメーションをまとめておきます。

✿モスク&カテドラル見学✿
オープン時間:月~土 10:00~19:00 日祝 8:30~11:30 & 15:00~19:00
入場料:10€
(10‐14歳&身障者 5€、10歳以下無料  *他にコルドバ市民無料等のルールあり)
✿塔(鐘楼)✿
オープン時間:9:30~18:30 *30分おき
*予約した時間の5分前までに塔の下 (チケット売り場)に集合すること
(空きがあれば直前でも申し込めます)
入場料:2€ *コルドバ市民無料
こちらで 日ごとのオープン時間が確認 できます。

★モスク&カテドラル見学のルール

持ち物:大きなバッグ・リュックや三脚は持ち込めません。
服装:教会に相応しい服装で来てください。帽子は脱いでください。
たばこ:禁煙です。
食べ物・飲み物:飲食禁止です。
動物:盲導犬以外のペットは入れません。
子ども:未成年者は保護者の引率が必要です。
公式ホームページ(英語あり)は こちら です。
✿2019年9月22日以降のメスキータ入場時間変更日✿
9月22日:8:30‐11:30
9月28日:8:30‐10:00  14:30‐19:00
***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***
タイトルとURLをコピーしました