4つの世界遺産を誇る街、コルドバ

コルドバで観光

今私が暮らすコルドバは、スペインの南部・アンダルシア州、コルドバ県の県都。 
面積1253㎢、人口約32万人とこじんまりしているからなのか、人々が内陸気質だからなのか。

たぶん両方ですね。
マラガとは比べられないほど静かです。(最初はあまりの静けさに驚きました。日本から直接来ると十分賑やかなんでしょうけど*_*)

スペインの地図。赤いところがアンダルシア州
https://es.wikipedia.org/wiki/Andaluc%C3%ADa

ヨーロッパ最大の都市だったコルドバ

アンダルシアには8つの県があります。
北の(内陸部)の青いところがコルドバ。

http://www.malaga.eu/



コルドバは、お花で溢れる白い壁に囲まれた細い道が入り組み、ゆったりと時間が流れる可愛い街…というイメージもありますが、かつては古代ローマ帝国の主要都市として発展。

イスラム教徒の後ウマヤ朝(756-1031年)の首都として繁栄し、最先端の学問・芸術・文化の中心地となっていました。
ヨーロッパ最大の街として各地から多くの人が集まり、人口は50万人以上100万人近くに達していた(少しアバウトではありますが*_*)とも言われています。

現在は4つの世界遺産を誇る街コルドバ

そして現在は、4つのユネスコ世界遺産を誇る、スペインで唯一の都市でもあるのです。

街のところどこにこの大きな垂れ幕が

その4つとは、

*******

メスキータ ( la Mezquita de Córdoba) 1984年登録

コルドバ歴史地区 (Centro Histórico de Córdoba) 1994年登録

コルドバのパティオ祭り (La fiesta de los patios de Córdoba) 2012年登録  *無形文化遺産

ザフラー宮殿 (la cuidad Carifal de medinat-Al-Zahra) 2018年登録

*******

コルドバの世界遺産1メスキータ ( la Mezquita de Córdoba)

メスキータは、785年にイスラム教のモスクとして建設された、現在のカテドラル。
カトリック教徒が権力を握ってからもモスクは壊されることなく、その中にカトリック教会が作られ、イスラム教とキリスト教が同居する稀有な歴史的空間として知られています。

赤と白のアーチで有名な円柱の森は圧巻

コルドバの世界遺産2コルドバ歴史地区 (Centro Histórico de Córdoba)

そして、旧市街全体が世界遺産に登録されている、コルドバ歴史地区。

旧市街には、
アルカサル(Alcázar )、グアダルキビル川( Río Guadalquivir )にかかるローマ橋( Puente Romano )や、
橋を渡ったところにある街への入り口プエンテ門( Puerta del Puente )、
砦であったカラオーラの塔(Torre de la Calahorra)等々の歴史的建造物。

全長331mのローマ橋。向こうに見えるのがメスキータ

そして、白い壁にお花が溢れる旧ユダヤ人街。インスタ映えスポットも所々に。

ゆったりまったり、時間に縛られず散策するのがおすすめ。

コルドバの世界遺産3コルドバのパティオ祭り (La fiesta de los patios de Córdoba)

3つ目は、無形文化遺産、中庭がお花で溢れるパティオ祭り

こちらは、5月の2週間、選ばれた一般家庭のお花で飾られた中庭(パティオ)が解放され、見学できます。

5月のコルドバは気候もいいので、このお祭りの時期が一番人気の観光シーズン。
ホテルも混雑、料金も上がるので早めの予約がおすすめです。

コルドバの世界遺産4ザフラー宮殿 (la cuidad Carifal de medinat-Al-Zahra)

最後は昨年登録されたばかりの、ザフラー宮殿
ちなみにスペイン語では(発音通りカタカナにするのは難しいのですが)、 Medina Azahara 「メディーナ・アサーラ」と発音します。

後ウマイヤ朝、コルドバが首都だった時代に建築された、イスラム建築の宮殿跡。
長い間放置されていて、はっきり目に見える形として残っている部分は少ないですが、当時の繁栄ぶりが伺える、コルドバの中心地から車で約20分の小高い丘に浮かぶ離宮都市です。

世界遺産が日常生活に溶け込んでいる街コルドバ

ローマ橋やメスキータのオレンジの中庭は、地元の人の散歩コースやジョギングコースにもなっています。
バルセロナもそうですが、観光のためだけに作られたり、きれいにしているのではなく、その素敵な空間が日常生活の中にある。

そんな街に魅了されてなりません。

今回はさらっと紹介しましたが、徐々に個別に詳しく紹介していきますね。

タイトルとURLをコピーしました