定刻前に発車!?スペインのAVEに乗るときの注意点

スペイン国内の旅

先日、スペインの高速鉄道AVE(アヴェ)がグラナダまで開通。
それにより、マドリード-グラナダ間が約3時間、バルセロナ-グラナダ間が約6時間半で移動できるようになりました。

私がマラガに引っ越してき当時(2007年9月)は、マドリード-マラガ間にもまだAVEがなくて、その年の12月に開通。
現在は約2時間40分で行けるようになりました。

そんな便利な「スペインの新幹線」AVEですが、日本の新幹線をイメージしていると戸惑ってしまう点がいくつかあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

AVEの荷物置き場確保のために早くから並ぶスペイン人

スペインの人たちは、普段あまり並ぶのが好きではありません。

なのに、何故かAVEの改札口には、まだ時間に余裕があるのに、早くから並んでいる人たちが。

それも座席指定なのに、なぜ…?
これは最初、すごく不思議でした。

訊いてみると、
「荷物を置く場所がなくなるから…」
とのこと。

そういえば、飛行機の場合も同じです。

日本の空港なら、搭乗のアナウンスがあるまで、みんな大人しくリラックスして椅子に座って待っています。

でもスペイン(もしくはスペイン行きの飛行機)では、早くから並んでいるので長い列ができています。

もちろん、AVEの混み具合によるのですが、ある程度混んでいるときは、確かにスーツケースを置く場所を確保するのが難しいときがあります。

各車両の入り口付近に大きなスーツケースも置けるスペースと、座席の上に小さなスーツケースなどが置けるスペース(網棚)があるのですが、どちらもいっぱいの時が。

どうしても置くところがない場合は、車掌さんがチケットのチェックに来た時などに、場所を探してくれたりしますが、遠く離れたところや、違う車両に置きに行かなければならないかもしれません。

私は基本的に信用していないので *_* 小さなスーツケースの場合、自分の座席から見えないところに置かなければならない場合は、ちょっと窮屈ですが足元に置くようにしています。

そして大きなスーツケースを持っている場合は、(監視できるように *_*) 荷物置き場の近くの席を指定するようにしています。

そこまでするかどうかは別にして、
少し早く並ぶだけで、乗ってから「荷物置き場を探さなければならない」というストレスが防げるので、万一の時のために、並んだほうが安心できると思います。

AVEのチェックイン・セキュリティチェックの場所が駅によって違う

AVEに乗る前には簡単なセキュリティチェックと、チェックイン(改札を通る)をしなければなりません。

その仕方なんですが、それぞれの駅の構造によって少し異なります。

AVEのスタンダードなセキュリティチェックとチェックイン方法

一番スタンダードなのは、空港のように、
まず機械に荷物を通して、荷物検査と簡単なボディチェック。

そして、自分の列車が出発する番号のプラットホームへ移動。チェックインできる時間までで待つ。

そして、チェックインできる時間になれば、チェックインをしホームへ。

電車に乗る 。

という感じ。

マラガ駅はこの手順です。


マラガ駅はセキュリティチェック、チェックイン、ホームが全て同じ階にあるので、
わかりやすくて便利。
大きな荷物を持っていても移動がスムーズです。

コルドバ駅のAVEのセキュリティチェックとチェックイン方法

コルドバ駅の場合は、

まず、掲示板で自分の列車のホームを確認する 。

そのホームの番号のところへ行き、ホームへ降りるエスカレーターに乗る前に荷物検査&ボディチェックとチェックインをする 。

エスカレーターを降りる。

電車に乗る 。

小さな駅なので迷うこと等はありませんが、
ホームまでのオートスロープ(階段がないエスカレーター)が、特にスーツケースを持っていると長く感じ、発車まであまり余裕がない時は、結構焦ります。

セビリア(セビージャ)駅のAVEのセキュリティチェックとチェックイン方法

そして、セビリア(セビージャ)駅の場合。

まず、掲示板で自分の列車のホームを確認する 。

そのホーム番号のところへ行くと、ホームへ降りるエスカレーターに乗る前に切符のチェック。

エスカレーターでホームまで降りる 。

ホームで、荷物検査&ボディチェックとチェックインをする。

電車に乗る。

最初は「セキュリティチェックがない (・・?」と思いましたが、
プラットホームに機械があったときは、ちょっとびっくり。

余裕を持って、ホームに降りて良かったですが、検査がないつもりで、
ぎりぎりに降りると焦っていたと思います。


このように、駅によってその方法(手順)が微妙に異なります。

どこも特に難しくはないし、チェックも空港とは違い簡単。
ただ手順が変わると戸惑うこともあるので、情報として知っておいてください。

定刻前に発車するスペインのAVE

そして、いよいよ電車に乗るわけですが、

なんと、スペインのAVEは、定刻前に出発してしまうことがあります *_*

と言っても、切符を持っているのに、置いて行かれることはありません。
切符を持っている人が、まだ電車に乗っていない場合は、きちんと定刻まで待ってくれます。

ただ、切符を持っている人が全員定刻前に乗車した場合、定刻を待たずに出発してしまうことがあります。

私の場合、コルドバ発マラガ行きの最終のAVEの切符を持っていたのですが、
まだ出発まで時間があったので、駅でゆっくりしていました。

そして、10分前ぐらいに荷物チェックとチェックインのところへ行くと、
「待ってたのよ。ホームにもう電車が来ているから急いで乗ってね」と言われ、

周りの他の係員や、ホームにいる係員に
「最後の女性がチェックインしたわ」
と伝えている模様。

最初何のことかよくわからず、何度も時計とチケットに書いてある出発時刻を確認してみたものの、まだ出発時刻まで余裕あり。

不安なので、とりあえず急いで電車に乗ると、指定席に座るか座らないかの間に、出発したのでした。

そして時計を見ると、まだ定刻の5分前 *_*

これには、さすがに驚きました。
まさか、定刻前に出発するなんて (・・?


チケットを持っている人は、遅れなければ待ってくれるので、取り残されることはありませんが、

出発日に「駅で当日券を買おう」と思って直前に着くと、定刻前に出発してしまっていた…ということにもなりかねません。

一応、規則では「出発時刻2分前にセキュリティチェック・チェックインがクローズされる」ということになっていますが、2分前どころか… *_*

もちろん、いつものことではないものの、何が起こるかわからないので、当日券の場合も早めに行って購入、そして前売り券を購入済の場合も、時間に余裕を持って駅へ行かれることをおすすめします。

無言で出発・無言で停車するスペインのAVE

無事、電車に乗って座席に座っていると、突然静かに発車。
これも最初は「えっ、もう発車したの?」と驚き。

日本のように、発車ベル・メロディ・アナウンス等、聞き逃すことがない、みんなに聞こえる合図がありません。

そして、
列車によっては、停車の合図もありません。

通常はきちんと、
「間もなく○○駅に到着します」というアナウンスがあるので、
単にシステムが故障しているだけかもしれませんが、時々アナウンスなしの列車に当たることがあります。

無言で停車し、無言で出発することがありますので、
「あれ?この列車、アナウンスがないな」と思ったら、降り忘れることがないよう、止まる駅に注意しておくことが必要です。

AVEのサイレンスカー( Coche en Silencio )を活用しよう

スペインのAVEの車内は、日本の新幹線と比べて、かなりうるさいです。

静かに旅行したいなーと思うときは、 サイレンスカー(Coche en Silencio)を指定することができます。

サイレンスカーでは、

・携帯での会話禁止
・ビデオなどを見るときはヘッドホンを付けて、他の人の迷惑にならないボリュームで見なければならない
・ 全ての機械類をサイレンスモードにしなければならない
などなど。

日本では、普通に当たり前のようなことですが、
スペインでは車内で大声で携帯で話すのは、ごく普通のことなので、かなり静かになります。

ただし、14歳未満は利用できません。
また、家族や友達同士でわいわい言いながら旅行する場合は、少し窮屈かと思いますので旅行のスタイルに合わせて、選んでくださいね。

15分遅延で50%、30分遅延で全額返金されるスペインのAVE

最後に、AVEは時間に正確で遅れることが殆どありません。

というのも、15分遅延で50%、30分遅延で全額返金というルールがあります。
急いでないときは、全額返金してもらえるなら30分ぐらい遅れてもいいのに、と思ってしまうのは私だけ? *_* 笑

多少遅れても遅延にならないように、 前もって余裕があるスケジュールにしてあるので、 定刻前に目的地に到着することもよくあります。

これは、旅行者にとっては、すごく有難い。
私も、ちょっとケチってAVANTに乗ったら、いきなり20分遅延ということがありました。

急いでいるとき、時間がタイトな時などは、AVEで移動すると安心です。
(*逆に時間に余裕があるときはAVANTのほうが安いのでお得かも)



日本の新幹線比べると、同じとはいきませんが、
とても便利で快適なAVE。

特にアンダルシアは、AVEが発達しているおかげで、マドリードから各都市&アンダルシア内の各都市への移動が簡単です。
(その中でも一番多くのAVEが交差するコルドバ ← 市民のひそかな自慢 ^^)

上手く利用して、快適な旅をお楽しみください♪


タイトルとURLをコピーしました