コルドバ「パティオ祭り」期間外も見学できる!5つのパティオ

コルドバで観光

毎年5月の2週間。
コルドバの一般家庭のパティオ(中庭)を一般開放し、
自由に見学できるお祭り「パティオ祭り」。

世界文化遺産にも登録されていて、
このパティオを見にコルドバに来る人も大勢います。

その期間に来られるのが一番いいのですが、
その時期に来られない人も、パティオ祭りの期間外も見学できるパティオがあります。

「パティオ祭り」期間外も5つのパティオが見学できる『dePatios』

今日は、
その5つのパティオ『dePatios』のルートを紹介します。

『dePatios』見学できる5つのパティオの場所は?

まず場所ですが、
たくさん可愛いパティオがあることで有名な San Basilio(サン・バシリオ)地区。
Alcázar Viejo(アルカサル・ビエホ)地区とも呼ばれています。

Alcázarのすぐ近くで、場所的にもわかりやすく便利。
とても長閑で、窓や玄関、レストランなどの所々にお花が飾られ、
歩いているだけでも楽しく可愛い地区です。

『dePatios』チケットはどこで買う?

5月の「パティオ祭り」は無料なのですが、
このルートでの見学はチケットを買わなければなりません。

コルドバ王立厩舎の近く、
ピンク色の Venta de entradas e Información (San Basilio 14)が、
チケット売り場&インフォメーションです。



予約は必要ありません。
その場で買って、すぐに見学できます。

『dePatios』の見学の方法

チケットを買うと、

場所がわかる地図と、
5か所の住所が書いてあるチケットをもらえます。

このチケットを各パティオの入り口で見せて、
チェックしてもらい、自由に見学するという流れ。

目印はこのブルーのプレート。↑

①から⑤までパティオに番号がつけられていて、
その番号通りに周るとスムーズですが、
混み具合などを見て、見る順番を変えても問題がありません。

①番のパティオは、チケット売り場の隣りなので、
とりあえず①番からスタートするのがいいでしょう。

「パティオ祭り」期間外も見学できる『dePatios』の5つのパティオを紹介

では、
その5つのパティオを簡単に紹介しましょう。

San Basilío 14

まずは、チケット売り場と同じ場所にある①番のパティオ。

チケットを買うとき教えてもらえますが、
すぐ隣の入り口から入ります。
上の写真の、両端にブーゲンビリアが飾られているドアです。

中に入るとコンパクトな温かい空間。

この日はパティオの住人である猫ちゃんが椅子の上でお昼寝。
訪問者の人気を独り占めしていました。

このようにお花だけでなく、
可愛いペットたちに会えるのもパティオ訪問の楽しみの一つ。

そして、

こちらは昔の台所。
もう今は使われていないので、アンティークな台所用品などが飾られています。

昔ながらの台所や洗濯場、井戸なども多くのパティオで見学でき、
昔の人々の生活を垣間見ることが出来ます。

Martín de Roa 7

そして②番目のパティオ。

あとの③~⑤番とは少し離れているところにあるので、
番号通りに②番に行くのがスムーズ。

この入り口を入ると、

こんなに見事な景色が目に飛び込んできます。

この階段の上のお部屋には、もちろん普通に人が住んでおられて、
訪問時も部屋の中から音がしていました。

観光客の一人が階段を上って写真を撮ろうとして、
「個人宅だから上らないで」と注意される一幕も。



観光用にデコレーションされているわけでも、
ミュージアムでもない。

コルドバの一般市民の生活に触れることができ、
コルドバという街が、より身近に感じるられるようになるでしょう。

Postrera 28

続いては③番のパティオ。

こちらはとてもコンパクトなスペースで、入り口は暗いのですが、
奥には、

明るく素敵な景色が広がっています。

オーナーは話し好きで面白く、
ちょっと芸人さんみたいなノリの楽しい人。
混み具合にもよりますが、
頼めば、パティオの中でも一番きれいに映る、
インスタ映えの位置で写真も撮ってくださいます。

帰るとき、
ワンちゃんが門まで送ってくれ、
名残惜しく次のパティオへ向かいました。

パティオのペットたちは、
皆、お行儀がよく、人懐こくて可愛いです。

Duartas 2

次は④番目のパティオ。

実はこちらのパティオに着いたとき、
団体さんがいたので、外で時間を潰していたところ、
すぐ近くの⑤番目のパティオのオーナーに、
「こっちは、今すいてるよー」と声を掛けられ、
先に⑤番目のパティオに行きました。

でもここでは、
番号通りに紹介しますね。

④番目のパティオの入り口はこちら。

入り口を入ると、

コルドバを代表する画家、Julio Romero de Torresの絵を始め、
たくさんの歴史を感じる装飾品が飾られています。

そしてパティオも、

このようにお手入れされた植物がたくさん。

400個の鉢植え、お花の種類は数えられないとか。
それでもオーナーさんは、
質問すると、一つ一つの植物の名前と育て方を丁寧に説明してくれます。

コルドバのパティオというと、
壁一面にずらーっと掲げられた鉢植えというイメージですが、
奥の壁に見える鉢植えと手前にある数々の種類が違う植物たち。
ミニ植物園にいるような気分になります。

お手入れの大変さとともに、
パティオに対する愛が伝わってくる、素敵な空間です。

La barrera 1

そして最後、⑤番目のパティオ。

実は、こちらのパティオ、お邪魔するのは初めてでした。
①~④番までは、5月のパティオ祭りの常連さんや参加されたことがあるパティオなので、
以前にも訪れたことがありました。

5月とはお花もデコレーションも多少変わっているので、
全部楽しみでしたが、特に楽しみだったのがこちらのパティオ。

入り口は、大きな道沿いではなく、
細い道を少し入ったところにあります。

壁の色が少し剥げていたり、でこぼこになっていたりしていますが、
それがまた中のパティオの雰囲気とマッチしている、
と中に入ってから気付きます。

道から少し覗けるパティオの様子。

そして、



中に入ると、
空色の植木鉢をベースとした、こんなに可愛いパティオが広がっていました。

色、バランス、そして手作り感…。
全てが可愛い。
きれいに、上品に飾られているというパティオではなく、
ちょっとしたカオス感さえ感じるナチュラルさも素敵。

今まで見た全てのパティオの中で一番好きかもしれない。
可愛すぎました。

個人的には、こちらの(私にとって)新しいパティオを知ることができただけでも、
価値があったと思える、今回の5つのパティオ訪問でした。

以上5つのパティオを紹介しました。

「パティオ祭り」期間外も見学できる『dePatios』おすすめする点

さて、この5つのパティオが見学できる『dePatios』。

おすすめの点は

まず何といっても、
5月の「パティオ祭り」の時期以外に見学できるということ。
5月の2週間にうまくお休みを取って旅行できる人は限られていますからね。

場所も街の中心地から近いし、
時間も1時間あれば、ゆっくり全て見て周れますので、
散策がてら、サンバシリオ地区に行ってください。
郷土料理が食べられる、お洒落なレストランも何軒かあります。

その他のおすすめ点は、
ゆっくり見学できること。

パティオ祭りのときは、人気のサンバシリオ地区、
ほとんどいつも長い列ができています。
入場できても、人がいっぱいで、
他人が写っていないパティオの写真を撮ることはほぼ不可能です。

日や時間帯によって訪問客の人数は変わりますが、
パティオ祭り時より、ゆっくり見学できることは間違いありません。

また、
人も少ないし、入場料を払っているということもあるのかな?
各パティオのオーナーさんが時間が許す限りパティオについて色々説明してくださり、
質問もできます。

オーナーさんと触れ合いながら、
パティオにまつわる昔からの生活の知恵なども知ることができ楽しいです。

「パティオ祭り」期間外も見学できる『dePatios』注意する点

マイナス面はあまりないと思うのですが、
知っておかないといけないのは、時期によってはお花が少なく寂しいということ。

5月の「パティオ祭り」の時は気候的にも、
お花の美しさがMaxの時期で、
コンクールに参加する各パティオのオーナーさんたちも、
その時期に合わせて一番パティオが良い状態になるよう、
1年かけて準備します。

なので、
5月のパティオが一番美しいのは当然のこと。
5月のパティオの写真を見て、それを期待して行くと、
ちょっと残念な気持ちになるかもしれません。

あと、真夏と真冬はクローズされます。
40度超えの日もある夏と、寒い真冬のコルドバで、
美しいお花を維持するのはとても大変なこと。
その間、お休みして、お庭、お花のメンテナンスにあてられます。

またオープンしている月も、
月によってオープン時間が変わるので必ず確認をお忘れなく。

✿de Patios✿
チケット売り場&インフォメーション:San Basilio 14
料金:5€(25人以上のグループ:4€/ 学校遠足:3€/ 両親と一緒に見学の12歳以下:無料)
✿オープン時間✿
9月:16日~ 10:00-14:00、17:00-20:00
10月~11月:10:00-14:00、17:00-19:00
12月:1日~16日 10:00-14:00、16:30-18:00 *17日~31日の時間はお問い合わせください
2月:22日~28日 10:00-14:00、17:00-19:00
3月~5月:10:00-14:00、17:00-20:00 *パティオ祭り期間中は除く
6月:11:00-14:00、18:00-20:00
クローズ:火曜日、日曜日午後
7月から9月15日まで、1月から2月21日まではクローズされていますのでご注意くださいね!
コルドバを代表する文化「パティオ」を通して、
コルドバの街、人々の生活を身近に感じてみてください♪
***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***
コルドバの『パティオ祭り』についてはこちらを ↓

 

タイトルとURLをコピーしました