コルドバのパティオ祭り 2019 -Fiesta de los Patios de Córdoba2019-

コルドバのお祭り

今年も大賑わいだった『パティオ祭り』が終了。
今週土曜日から始まるフェリアを前に、少し静けさを取り戻したコルドバの街。
ここ数日、(コルドバにしては *_* )気温も低く、最高気温32度ほどと、過ごしやすい日が続いています。

さてその世界文化遺産にも登録されているパティオ祭りですが「おすすめのルート」という記事を書こうと思っていたものの、後半バルセロナに行くことになり、時期を逃してしまいました (*_*) 

でも、来年行こう!と計画していらっしゃる方にとって参考になるかもしれないので、また時間を見つけて書きますね。

このパティオ祭り、ご存知かと思いますが、一般家庭の中庭を見学させていただける観光客にとっても嬉しいお祭りなのですが、その中庭の美しさを競うコンテストでもあります。

参加50のパティオのうち、60年代までに建てられたアンティーク建築部門と、それ以降に建てられた、またはリノベーションされたモダン建築部門、それぞれ1~8位まで3000€から1000€までの賞金が贈られます。

今日は、その1~3位までを写真入りで紹介しますね。
毎年、少しの入れ替わりはあるものの、連続参加のパティオがほとんどなので、来年どのパティオを周るかの参考にもなると思います。

3位

アンティーク建築部門  Tinte 9 (ルート Santiago-San Pedro)

こちらは、典型的な昔ながらの一般家庭のパティオ。
こじんまりしたスペースの壁一面にお花が溢れています。
おうちの方も、お婆さんとお母さんとお孫さんという感じの(たぶん)3世代で来客を見守られていて、温かい空気を感じました。

ただ、場所的には街の中心から遠くて、ツーリストにとっては少し不便なのが残念です。

モダン建築部門  Parras 5 (ルートSanta Marina-San Agustin)

こちらは、モダン建築部門らしく、洗練されたパティオというイメージ。
たくさんの種類・色のお花が入り混じっているのにも関わらず、それぞれが喧嘩していなく、特に配色にセンスを感じました。
優雅さ溢れる大人のパティオといった感じ。

2位

アンティーク建築部門  Marroquies 6 (ルートSanta Marina-San Agustin)

こちらは、普通のパティオとは異なり、一歩敷地に入ると、童話の世界。
何軒かの集合住宅の周りを囲む、迷路のような細い道を歩いていると、まるでお花溢れる小さな村の中を散歩している感覚に。
お花はもちろん、ドアも窓もデコレーションもすべてが可愛くて、一番好きなパティオです。

モダン建築部門  Chaparro 3 (ルートSanta Marina-San Agustin)

こちらも、好きなパティオ。
建物のオレンジ色のアクセントと植物との相性も抜群。小物一つ一つにも外れがありません。
一つ一つ綿密に計算されているのであろう無駄のない磨かれたセンスを感じます。

ただ一つ残念なのは、オーナーさんが厳しいこと。
まずビデオ禁止で、知らずに撮っていると大声で怒られます。(ちなみにビデオ禁止は、私がほぼ50軒近く周ってここだけでした)
私は、写真を撮っていただけなのに「No video!!!」と何度も遠くから怒鳴られビックリ。
実際に携帯のカメラを手で塞がれて注意され、気分を悪くしている人が数人いました。

パティオのオーナーさんたちは、普通はとても親切です。
パティオにまつわるお話をいろいろしてくださったり、そういう温かさもパティオ巡りの魅力の一つでもあります。
パティオ自体は綺麗なのですごく残念です。

1位

アンティーク建築部門 Martín de Roa 7 (ルートAlcázar Viejo)

人気地区San Basilio (Alcázar Viejo) にある「壁一面にお花」感が一番強いパティオ。
デザインはシンプルですが、インパクトはやはり一番あるかも。
周りにもたくさんの人気パティオがあり、そこにいるだけでも、他のどのルートよりもパティオ祭りに来ている実感が味わえます。
アルカサルのすぐ近く、メスキータからも数分で、場所的にもとても便利です。

モダン建築部門   Pastora 2 (ルート San Lorenzo)

こちらのパティオ、今年初めて行きました。
ちょっと遠いです。
玄関からパティオに通じるスペースにも様々な装飾品や侍者の木像、そしてパティオにはマリア様像が置かれた小さなチャペルも。
お花や植物以外にも、見るところが多い、オリジナリティ溢れたパティオでした。


以上が今年、1~3位に入賞したパティオたちです。

50のパティオ、大体同じような感じじゃないの?と思われていたかもしれませんが、
それぞれの家の好み、こだわり、センスが伺えます。

パティオ祭りのオフィシャルページで地図・ルート・写真・各パティオについての説明なども確認できますので、
そちらもあわせて是非参考にしてみてください♪

コルドバのお祭り
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました