警戒事態延長も 約50日ぶりに人が戻ってきたコルドバの街

コルドバ

3月14日に宣言し,3度の延長を経て5月9日まで継続予定だった「警戒事態」が、更に延長され5月24日午前0時まで継続することになったスペイン。

そんな中、5月4日以降の諸規制の緩和が行われ、人々も条件付きで散歩などができるようになりました。

散歩&外でのスポーツ許可初日のコルドバの様子

散歩解禁当日のコルドバの街の様子を写真でお届けします。

メスキータ付近

解禁初日の朝は、とにかくすごい人だったみたい。
インターネットなどで流れている映像を見ると、とにかく「密」過ぎて怖いぐらいでした。

長い間、外出できず、とにかく外に出たい!太陽の光を浴びたい!という人々の思いの表れでしょうけど、普段より多いというのはどうなんだろう?

わたしの知人はみんな、それを予想してとりあえず初日の朝には外に出るのはやめよう、という人たちが多かったです。

そして、その夜の様子はこちら。

ローマ橋。
正面に見えるのが、プエンテ門とメスキータです。

こちらはメスキータの塔。

自転車の数が通常より+500台?

こちらは、この道に何台の自転車が通ったかという数字。
以前は通常150台ぐらいだったのに、すごい数!
この日、みんな一気に自転車に乗ってサイクリングに出かけたってことですね。
しかも時間制限されている中でのこの数字なので、かなり「密」だったことが伺えます。

スーパーの規則

そしてこちらはスーパーの入り口。
お客さん同士の距離を2mとるなど注意が書かれています。

これは今までもそうでしたけど、今後、人が増えることが予想されますからね。

どんな規則があるのかというと

・家族一緒にではなく、一人で来なければならない
・買い物時間短縮のために買い物リストを作って来なければならない
・マイ手袋・マイマスクをしてくることをすすめる
・他人と2mの距離を保たなければならない
・咳・くしゃみが出るときは、口と鼻を肘で覆わなければならない
・100%購入すると決めてから商品を手に取らなければならない
・フルーツ売り場にある手袋を必ず使わなければならない
(*フルーツを量り売りしているスーパーが多く、自分で選んで欲しい分だけ袋に入れるというシステムになっている)
・カードで支払わなければならない



外出する際の規則

そしてアンダルシア州では、外出時の規則や注意をこんなふうに示しています。

『家を出る前に熱や咳、息苦しいなどの新型コロナウイルスと疑われるような症状がある場合は家にいてください』と
注意書きをしたうえで、

前の人と開ける距離は、

散歩の場合 4-5m
ジョギングの場合 10m
サイクリングの場合 20m

注意すること、

目、鼻、口などを手で触らない
頻繁に、手を水で洗ったり、アルコール消毒をしたりする
直接触るもの(自転車など)は常に清潔にしておく
ドリンク、食べ物、スポーツで使う器具等を他人と共有しない

帰宅後は、

消毒するまで、携帯、財布、鍵などには触れないこと
靴を脱いで消毒すること
すぐに手を洗うこと

などとしています。

条件付きとはいえ、街に人が戻ってくると収束に向かっているんだという気になり、気持ちが明るくなります。
ここで緩むことなく、本当に自由に行き来できる日が一日も早く戻って欲しいです。

コルドバ日々のこと
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました