スペインと日本の違い4「医療システム」

スペイン移住

外国生活で特に心配なことの一つ、
元気な時はいいけど、病院に行かなければならなくなったら…。

移住前に健康チェックや歯医者さん、出来ることは全てやって来ましたが、
住んでいると、病院に行かなければならない時が出てきます。

これに関しては100%日本の方がいいと言い切れると思っているし、
不安はありますが、段々慣れてくるのも事実。
他に選択肢がないですからね *_*

日本とは異なるスペインの医療システム

「スペインの病院はタダだよ~」という情報だけを聞くと、
うらやましいと思われるかもしれませんが、
医療システムが日本のそれとは違うので、
「普通に病院へ行って診察後、お金を払わず帰ってくる」というのではありません。

無料の公的保険と有料のプライベート保険

スペインには無料で診療を受けられる公的保険があり、
ほとんどのスペイン人はそれを利用しています。

そして、それとは別に有料のプライベート保険があり、
任意でそれに入っている人もいます。

学生として滞在する場合は、
ビザ取得時に、プライベート保険加入が義務付けられているので、
みんなプライベート保険に入らなければなりません。

どの病院にでも行けるわけじゃない

そして、その制度なのですが、
日本のように、どの病院に行っても診察を受けられるわけではありません。

道を歩いていて、急に調子が悪くなったからと言って、
ちょうど目の前にあった病院に飛び込んでも、見てもらえないこともあります。



診察までの手順

公的保険の場合、保険証を手に入れると、
まず診療センターに行って、Médico de cabeceraという、家族医・かかりつけ医さんを決めます。

そして、どんな症状でも、そのお医者さんに、
まず見てもらうことになります。
その後、専門医に見てもらう必要があると医者が判断した場合は、
専門医を予約します。

プライベート保険の場合も、ほぼ同じ。
その保険会社と契約している医者のリストの中から、
家族医・かかりつけ医さんを選びます。

私は、ずっとプライベート保険を使っているのですが、
風邪を引いたり、熱があったり、通常の何か変だなという場合は、
まず、この家族医・かかりつけ医さんのところに行きます。

今までに、歯科はもちろん、アレルギー科、耳鼻科へ行ったときは、
症状がはっきりわかっていたので、直接、専門医へ行きました。

ただ、やはり、どの専門医でもいいということではなく、
保険会社と契約しているお医者さんリストの中から選ばなければなりません。

なかなか予約が取れないことも

そして、これがきっと一番、スペインで医者に行くときの、
一番いやなところ。
すぐに予約が取れない場合が多いこと。

病院に行くという時点で、殆どの場合は、
急いでいるということだと思うのですが、
予約が一週間先、いやもっと先まであいていない…ということも、
よくあります。

そして、家族医では、血液検査や注射などをしてもらえないので、
まず家族医の予約を取って、一週間待って診察。
診察で血液検査をするように言われ、検査の予約を待って一週間。
そして、結果が出るのに一週間。
結果が出て、それを見せるために再び家族医の予約を取って、一週間待つ…。

結局、何かわかるのは1か月後 *_* というようなことも、
よくあります。

私の知り合いは、緊急ではなかったものの、
手が痛くて仕事に支障があるので、手術をすすめられ、
その予約が取れたのが8か月後ということがありました。

その間も、その痛い手を使って仕事をしているわけですからねー。
8か月後って *_*

その点、プライベート保険だと、
比較的、予約が取りやすいですが、やはり日本のようにはいきません。



緊急の場合は救急へ

ただ、緊急の場合は、
1週間後とか言ってられないので、みんな救急へ行きます。

その場合も、どこでもいいというわけではなく、
保険会社と契約しているリストにある病院を選びます。

夜中など病院がクローズしている時間帯も、
もちろん救急は開いています。

私も何度か行きましたが、
救急で予約なしなので、いつもかなり待たなければなりません。
予約するのが嫌なので、緊急じゃなくても救急に来ている人もいますしね。

ただ、待つ覚悟があれば、その日に診てもらえるので安心ではあります。

当日の支払いはなし

そして、支払いですが、
日本のように何割負担というのではなく無料。
診察が終われば、そのまま帰るだけ。

ちなみに、私が入っているプライベート保険は、
1か月8000円ぐらい。

なので、もちろん全く「無料」ではないのですが、
それぞれの治療や検査に対して、1割や3割払わなくてもいいので、
月末であまりお金がない…といったときでも、行きやすいですね。

と、スペインの医療システムをさらっと書きましたが、
やはり予約が取りにくいというのが一番の問題で、
どこか調子が悪くても「面倒くさいから医者に行かない」という人もいます。

そして、予約が取れた後も、時間がかかりすぎる。
もちろん病気や症状にもよるので、
詳しい検査を別の場所でしなければならないことがあるというのはわかるのですが、
簡単な検査もその場でできなくて、新たに別の予約をして…となると、
本当に面倒くさいです。

そして、診察の流れや雰囲気も日本とは異なり戸惑うことも。
次回は、実際、私が診察を受けた時のお話を書きますね。

 

 

スペイン移住
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました