スペイン・コルドバの5月の気候と服装

コルドバ

すっかりご無沙汰している間に、5月。
コルドバは1年のうちで一番美しい季節になりました。

この、気温&服装情報も、簡単に旅行できない日々が続き、需要があまりないかも?…と思いながら、月によって書いたり書かなかったり…になってしまっていました。

ところが最近、本に掲載したお店の方から「Emiの本を見て、日本の方がお店に来てくれた」という嬉しい連絡を頂くようになったので、再開しようと思います!💪

今回こそ、このまま、逆戻りせず安心して旅行できる状態になってくれますように!

emi
emi

本を手に取ってくださったみなさん、
本当にどうもありがとうございます(*^^*)

こちらの情報も、旅行に役立てていただければ嬉しいです♪

5月のスペイン・アンダルシアの気候

いつも書いているように、海岸沿いと内陸部では多少気候が異なるとはいえ、アンダルシアの5月、6月は、秋と並んで、1年で一番過ごしやすい気候になります。

そして、お花も咲き乱れ、夏に向かっているので、街に活気もあり華やかなので旅行におすすめの季節です♡

ところが、今年はちょっと想像もしなかったことが起こっています(*_*)

これを書いている時点で(5月19日)は、コルドバ・セビージャ・グラナダなどの内陸部では、最低気温16~19度、最高気温36~38度。
マラガでは、最低気温20度、最高気温27度ですね。

内陸部と海岸沿いの気温差はこれぐらいが普通なのですが、この時期の36~38度はちょっと異常です。
「5月なのに8月の気温」とニュースでも取り上げられています。

これが今年だけの異常気象なのか、少しずつ変化していっているのか分かりませんが、通常は昼間、直射日光の下にいると汗が出てきて「真夏はすぐそこだな!」という感じはするものの、40度近くまでは上がりません。

マラガに住んでいるときは、海岸からの風が心地良い6月下旬の気候が大好きでした。
ところがコルドバは、6月になると既に真夏のように暑いので、5月中旬(ちょうど今頃ですね)の気温のほうが、過ごしやすいです。

日の入り時刻も21時30分ごろになり、22時近くまで明るいので、スペインっていいなあ!と特に実感するこの時期です。

5月のスペイン・コルドバの気候

今年の春先はいつもより雨が多く、気温も低めの日が続いていたので、すごく“冬”が長く感じました。
5月の初めまで、お天気が愚図つき、朝晩や家の中では肌寒い日があり、掛け布団も手放せませんでした。
今までのスペイン生活で、こんなに“冬”が長く感じたのも初めてです。

通常なら、4月下旬にはほぼ暖かくなっているので、5月に入ると夏服に薄いカーディガン(持参)が定番なのですが、今年は特に服装に迷いました。

毎年5月初旬から2週間、無形文化遺産にも登録されている「コルドバのパティオ祭り」が開催されるのですが、今年は初日と次の日(3日、4日)が雨で肌寒く、半袖・サンダルでは無理。
(ちなみに毎年期間中、1,2日、雨が降っています。)

そして3日目以降は、いいお天気になり、半袖・サンダルでも暑いくらい(*_*)
ジーンズでも暑く、一気に真夏の服装になりました。

マラガ時代もそうでしたが、春(と感じる気候の時期)が短いので、年に1,2回、もしくは全く着る機会がない洋服もあります。

例えば、ユニクロの半袖のTシャツワンピ。
去年、JWアンダーソンとのコラボのものを買ったのですが、こちらのファストファッションブランドのものよりも、素材がしっかりしていて分厚い生地になっているので、春先は半袖なのでまだ寒く、やっと半袖が着れる!となったころには、生地が分厚くて暑すぎる…ということになります。

こちらのブランドでは、夏物は裏地がついていないものが多く、日本だとインナーやペチコートを履かないと無理ですが、こちらでは気候的に、しっかりした生地のものは着られないです。



5月のスペイン・コルドバの服装

というように、ちょっと不安定な5月のコルドバですが…(*_*)

服装は、5月上旬は、雨が降る日もあるかもしれないので、雨対策をおすすめします。
そして、雨が降ると肌寒い日もあります。
また朝晩は、気温が下がるので油断できません。

そして中旬以降は、カラッと晴れるお天気になると思います。
今年の場合は、本当に一瞬で初春から真夏になったという感じすが、この40℃が続くというわけではなく、また下がったり上がったりが続きながら、少しずつ上がっていくでしょう。

パティオ祭り最終日の午前中の様子

ちなみに、3日から15日まで開催されていた「パティオ祭り」に出かけた時の服装ですが、前半の晴れた日に今年初めて半袖を着ました。
少し心配だったので、薄手のカーディガンをバッグに入れて、ボトムスは軽いジーンズ地のフレアパンツ、足元はスニーカー。

家を出る11時過ぎは、少し肌寒く感じましたが、12時を過ぎると暑くなってきて、14時の時点では、スニーカーを履いて行ったことを後悔しました。
もちろん、薄手のカーディガンの出番もありませんでした。

そして、その1週間後にもう一度、訪れた時は、半袖の身体にフィットしないTシャツとリネンのパンツ、その次の日はミディ丈のスカート、足元はサンダル。

それでも12時ごろになると暑くて、日影を選んでなるべく直射日光に当たらないようにしないと歩けないほどでした。

ということで、おすすめの服装ですが

5月半ばまでは、雨&肌寒さ対策を!
薄手のジャケット(突然降り出した時のために雨対策がしてあるものだと尚)、スニーカー(2足持参可の場合はサンダルも)。
予想以上に寒くなった場合対応できるようにスカーフなど、折りたたみ傘。5月半ば以降は、半袖Tシャツ+スカート、ワンピース、サンダル。
素材はコットンかリネンがおすすめ。

男性は、この時期から秋にかけて、地元の人たちやヨーロッパからの旅行者は、ハーフパンツ+サンダル姿が多いです。

バス移動など、乗り物を使う場合、建物内に長くいる場合などは、クーラーでかなり寒い(寒暖差が大きい)可能性があるので、羽織れるものをバッグに入れておくのが

サングラスと日焼け止めは必須。

スペインには「5月40日(6月10日)まで上着を手放すな」という諺があります。
それだけ気候が変わりやすいということもあるので、簡単に脱ぎ着ができて、かさばらないものがいいと思います。
来年の今頃こそは、1年でいちばん良い気候のアンダルシアへ、日本から大勢の方に来ていただけますように♪



୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧ ୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

本の中でも、各シーズンの服装や旅の注意点などについても紹介しています♪

✿著書『愛しのアンダルシアを旅して 南スペインへ』(イカロス出版)から発売中です✿

全国主要書店、オンラインショップなどでご購入いただけます
イカロス出版オンライン書店
Amazon
楽天ブックス
紀伊国屋書店オンライン 

✿こちらもマイペースで更新しています✿
アンダルシアの情報&街並みを載せていますので、よかったらのぞいてください
Twitter➡emi_spain
Instagram➡emi_miel_es
Facebook➡アンダルシア街歩き
YouTubeTube➡Emi*Spain スペイン

 

***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***

 

コルドバコルドバ基本情報
フォローしてくださいね!
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました