スペインで試着するときの注意点

スペインでお買い物

もちろん、お店や場所にもよるんですが…。

一般的に(ZARAグループのお店などの)
スペインのフィッティングルームはうるさいです!

一度に何着も試着をする人が多く、
カップルや友達、家族で一緒にフィッティングルームに入り、
あーだこーだと意見しながら買い物している人がほとんど。

「こっちのほうが似合うよ~、可愛いよ~」と言いながら洋服を選んでいる姿は時と場所を選べば微笑ましい光景ではありますが、
試着室から出てきてファッションショーもどきが始まったり、その人たちの家のリビングルーム化している空間の中にいると *_*となってしまいます。

特に言葉がわからないと(わかっても時々 *_*)喧嘩してるの?と思うほど騒がしい時も。
大声が聞こえてきても驚かないでくださいねー。

期間内なら返品可能なお店がほとんどなので、試着せずに買って帰りホテルで着てみて、合わなければ返品という方法もありますが、旅行中だと、そんな時間もないですよね。

そこで、お店で試着する際に気を付けたほうがいい点をまとめてみますね。

まず、列ができているときは、かなり待たされることになるかもしれないと覚悟して待ったほうがいい

殆どのショップでフィッティングルームは試着枚数の上限が決められているのにも関わらず、店員の監視もゆるい(試着室の入り口に誰もいない時も多い)ので、中に一緒に入っている友達や家族が一度外に出て、他の洋服を持ってきてまた試着…を繰り返すというひとも少なくはありません。

そして、やっと試着中の人が出てきたと思ったら、付き添い(だと思っていた)人が、交代で中に入って試着を始めることも。

日本だと、また並びなおして…となるところですが、スペインでは自分たちの後ろに並んでいる人のことを考えて…という行動はまずないです。

なので、日本の感覚で「〇人並んでいるだけだから、そんなに待たなくてもいいだろう」と計算していると、思っていた以上に長く待たなければならないことになる可能性大です。

特に試着室の数が少ないショップは要注意。
土曜日の午後などの混んでいるときは、セール中かと思うほど、かなり待たないといけないこともたびたびなので、時間がかかってしまうのを覚悟で試着したほうがいいでしょう。

試着室の入り口に店員がいない時は、気にせず勝手に堂々と入る



通常は試着室の入り口に店員さんがいて、何着か書いた札をもらって中に入るのですが、誰もいない場合も多々あります。
日本だと、店員さんが気付いてすぐに来てくださるか、来られない場合は少し待ってみるとか…が普通だと思います。

でも、スペインでは気にしないで勝手に入って大丈夫。
逆に律義に待っていると、後から来た他のお客に「何してるの?さっさと入ったら!」と叱られる?羽目に。
店員さんにまで「あれ?何を待っていたの?」的な視線で見られることも。

枚数を書いた札をもらわなかったら出るときに困るのでは?と思うかもしれませんが大丈夫。
店員さんも誰もいなかったのがわかっているからなのか、特に何も言われません。

そして、試着中に勝手にカーテンを開けられる確率が高いので、突然開けられてもいいように準備しておく



お店にもよりますが、試着室の開閉がカーテンのところが多く、中に人がいるかどうか外からはわかりにくくなっています。
日本のように、人が出るたびに店員さんが来て、試着室内をチェック→次の人のためにカーテンを開ける、という作業もマメにしてくれないので、自分で中に人がいるかどうかを確認してカーテンを開けなくてはなりません。

でも、そこはスペイン人。
中に人がいるのをきちんと確認もせず平気でカーテンを開ける人がすごく多いです*_*
「誰かいる?」と聞き終わる前に開けられるので答える時間もありません。

また友達同士で来ていて「カルメン~?どこ~?ここ?」と言って、返事する前に間違えて開けられたり。
私ももう数えきれないぐらい開けられました。

そして困るのは、カップルで来ている人も多いので、開けられると男の人にも見られることに*_*
向こうも別に何とも思っていないだろうし、私ももう慣れてしまってそんなに気にもならなくなってきましたが、一応、いつ開けられてもいいように、常に何かを着ている状態で試着するようにしています。(スカートをはいたままジーンズを履いて、そのあとスカートを脱ぐとか、笑)

あと、わざと騒がしくして「入ってますアピール」をするという作戦も。
人が近づいてくる気配がしたら、紙袋をごそごそしたり、靴のかかとの音を鳴らしたり。
この作戦で、今まで何度も「あっ。ここ誰かいるみたい!」と言って開けられずに済んだことがありました。
それでも外のほうがうるさい時は無意味ですけどね。

開けられる以前に、しっかり閉めてもカーテンが小さく隙間が空いてしまうという作りのショップもあるし、並ぶのが面倒くさいのでショップの鏡の前で試着している人がいたり…と、まあ日本と比べると本当に皆さん(本人も他の人も)他人のことは気にしていないようです。(だから簡単に開けちゃうんでしょうけど *_*)

そして、これは試着に限らず、試着せずに購入するときもですが、

店員さんの「ない」はあてにならない

私も本当に何度も騙され?ました。
たくさんの逸話があるのですが、ここには書ききれません。

とにかく、スペインの店員さんはよく確かめないで、簡単に「ない」と言います。
前の日に同じショップで見た洋服について訊いても「あー、それならまだ入荷していないわ」と言われることもしばしば*_*

そして後ろを振り返ると、そこにあったり *_*
それでも「あー、今朝入荷したのよー」と、この期に及んでも認めないという…*_*

なので本当に欲しい場合は、まず訊いてみてあればOK!
ないと言われても、ある可能性があるので、探してみてください。(もちろん本当にない時もあります)
また、試着後、試着室の入り口に皆が戻してそのままにしてある大量の服の中にある可能性も。


最後に「とにかく、なるべく人が少ない時にゆっくり買い物(試着)したい!」という人は、

お昼の2時から5時ぐらいの間に買い物に行く

この時間帯は、スペインのランチタイム。
ほぼ全てのスペイン人は、この時間にお昼ご飯を食べています。
なので、ショップなどはがらがら。本当にゆっくりお買い物ができます。

私はこの時間帯を「スペインの黄金の時間」と呼んでいます(レストラン以外どこへ行ってもスペイン人が少なく、何をしてもパフォーマンスUP↑ 笑)

ただ、しっかりお昼ご飯を食べたいという人は、この時間に食べないと、レストランが閉まってしまうので注意。
カフェやBARのご飯でよければ問題ありません。

何を優先するかですが、お買い物が優先の場合は、本当に快適なのでこの時間に行かれることをお勧めします。

では、ストレスを溜めずに、楽しいお買い物を♪

タイトルとURLをコピーしました