スペイン旅行前に要チェック!滞在都市の祝祭日

スペイン

火曜日の夜なのに、何故こんなに人が多いの…?

21時過ぎに家に向かっていた私は、その反対に街の中心部に向かう人とすれ違いながら、不思議に思っていました。

何か特別なイベントがあるの?
誰か、有名人がコルドバに来ているの?
コンサート? いやいや、この方向に大きな会場はないし…。

そして、その理由を家へ帰ってカレンダーを見て知ったのでした。

カレンダーにつけられた〇印

そう。

次の日が祝日だったのです。

(*_*)

それだけの理由でした(苦笑)

バケーションが終わった直後の、火曜日の夜。
日が短くなり21時過ぎだと薄暗くなってくるころだし、21時に閉まるショップも多いので、
しーんと静まり返っているか、家路を急ぐ速足の人にすれ違うことはあっても、大勢の人がその時間に街の中心部に向かうことはないはず。

とわかっていても、祝日前夜だったとは家に帰るまで忘れていました。

毎年、年末年始になると、このブログでも『○○年のスペインの祝祭日』という記事を書いて、
「皆さん、気を付けてくださいねー」
「旅行前には必ずチェックしてくださいねー」

と言っているのに(>_<)

カレンダーに祝祭日が記載されていないスペイン

上のカレンダーの写真を見てもらえばわかる(かな?)と思うのですが、スペインのカレンダーには普通は祝祭日が記載されていません。

それは、3タイプの祝祭日があるからなんです。
写真のカレンダーには、透明の赤い〇シールが別に付いていて、それを各自、自由に貼るようになっています。
(*ちなみに曜日に月火水…と日本語が書いてあるのは、日本関係のところでいただいたカレンダーだからです)

以前にも書いたのですが、
これを頭に入れておかないと、面倒なことになりかねません。



スペインの3タイプの祝祭日

3タイプとは、
国の祝祭日
州の祝祭日
ローカルの祝祭日

国の祝祭日は、スペイン全国の祝祭日です。
これは比較的、思い出しやすいのですが、それでもスペインで生まれ育ったわけではないので、クリスマスや元日など以外は、なかなか覚えられません。

ただ、全国的にお休みなので、TVやインターネットなどで偶然、
「明日は〇〇の日です」などと報道されていたりして、知ることはありますよね。

それに加え、やっかいなのが、州の祝祭日、ローカルの祝祭日。
日本にそんな習慣もないので、概念がなく初めて聞いたときは驚きました。

私は、スペインでは、マドリード、バルセロナ、サラマンカ、マラガ、コルドバに住んだことがあるので、記憶の中でさらに混乱を招いていることも事実です。

ローカルの祝祭日ということは、自分が住んでいる町では平日なのに、隣町へ行くと休日だったりするわけです。

祝祭日を把握していないと、何が困るの?

では、祝祭日を知っておかないと何が困るの?という話ですが、

お店が閉まっている

まずスペインの多くの都市では、日祝日はスーパーやショップなどが閉まっています。

日本だと、お休みの日のほうが、ショッピングをする人たちで街が賑わっていますよね。
平日、ゆっくりお買い物できない人もいるし、デートなどでもお店を巡りながら街をぶらぶら、という人も多いと思います。

ところがスペインでは、カフェ・レストランやお土産屋さん、一部のショップ以外は閉まっていることが多いので、街の中心部はしーんとしています。

旅行者の場合だと、電車などでその町に移動して、ホテルにチェックインして、スーパーにお水などを買い出しに行こう!と思っていたのに閉まっていた…。
わざわざ近くにスーパーがあるホテルを予約したのに…。

ということになりかねません。
*一部、Carrefour Express など日祝祭日も開いているスーパーもあります。また年に数回、特別に開いている日もあります

ローカルの休日の場合、その町の住民以外、ほぼ誰も知らないので、
特に、移動する前にいた都市が祝日じゃなかった場合。

当然移動前には、休日だという気配は全くなく、

着いたら買おう!
着いたらショッピングに行こう!
と予定していて、いざ着くとお店が閉まっていた、ということになります。

けっこう滞在年数が長い在西日本人の間でも、

「明日、こっちに来ない?新しいお店ができたから行きたいし」
「えっ。でも明日、祝日でしょ?」
「えっ? 祝日じゃないよ。普通の日だよ!」

というようなことになることも多々あります。



観光地のオープン時間などが変わる

そして、旅行者にとって困るのは、

観光スポットで
平日と日祝日のオープン時間が変わるところが多いこと。

祝日と知らずに、平日の時間でプランを立てていて、いざ着いてみると閉まってた…。
これは残念すぎますよね。

予想外の混雑

それから、祝日ということは、地元の人たちが多く移動するということ

最初に書いた私の例のように、
なぜ、こんなに人が多いの?
と予想外の混雑に驚くことがあります。

例えば
列車やホテル。

料金も大きく変わる場合があるので、日程の調節ができるなら、祝日をずらして予約したほうが安く快適に利用できるという場合も多いので、チェックしておくのをおすすめします。

アンダルシアの祝祭日をチェック!

ということで、その祝祭日チェック。
どこで出来るかというと、こちらのページから!

こちらに出てくるのが、アンダルシア州の祝祭日。
Díaが日にちFiestaが祝祭日の名前です。
そしてローカルの祝祭日は、右にあるFiestas localesをクリックすると、Consulta las fiestas locales de los municipios de la Comunidad Autónoma de Andalucía という欄があるのでこちらを見てください。
下の方にスクロールしていくとAlmeríaから順番(ABC…順)に、各町村の祝祭日が出てきます。
市町村によっては、検索サイトに、直接名前&FIESTAS LOCALES(ローカルの祝祭日)と入れて検索すると出てくるかもしれませんが。
少し面倒ですが、旅行計画を立てる前にチェックするのをおすすめします!

୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧ ୨୧・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・୨୧

本の中でも、祝祭日や注意点などについても紹介しています♪
✿著書『愛しのアンダルシアを旅して 南スペインへ』(イカロス出版)から発売中です✿

全国主要書店、オンラインショップなどでご購入いただけます
イカロス出版オンライン書店
Amazon
楽天ブックス
紀伊国屋書店オンライン
✿こちらもマイペースで更新しています✿
アンダルシアの情報&街並みを載せていますので、よかったらのぞいてください
Twitter➡emi_spain
Instagram➡emi_miel_es
Facebook➡アンダルシア街歩き
YouTubeTube➡Emi*Spain スペイン
***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***
タイトルとURLをコピーしました