スペインの治安と気をつけたいこと

スペイン基本情報

今日は、
ずっと気になっていて書きたいと思っていた、
旅行するときに頭に入れておきたい「治安」について。

スペインの治安といっても都市によって違い一概には言えませんが、
凶悪犯罪は少ないので、旅行で訪れる観光スポットでは、
気を付けないといけないのが、スリと置き引き。

日本ではあまりない巧妙な手口・テクニックで近づいてきたり、
知らない間に物を取られたりするので要注意です。

私は運がよく、ラテンアメリカも含め、これまでの海外生活で、
知らない間にコンパクトカメラがなくなっていたのが一度。

そして、自分の不注意で、お店のフィッティングルームに(昔の安い)携帯電話を忘れて、
戻ってこなかったのが一度。

でも今思うと、あのときは危なかったなというのが何回かあります。
本当に運がよかったことに感謝しなければなりません。

バルセロナのメトロで遭遇したスリ

最近、治安が悪化していると毎日のように報道されているバルセロナ。
旅行予定で少しナーバスになっているひともいるかもしれません。

でも、基本的に危険な地区やお店、人通りのないところに近づかないで、
常に身の回りのものに気を付けていれば大丈夫だと思います。

バルセロナで実際にスリに狙われたときの状況

注意しなければならない場所の一つはメトロ。
私が住んでいたころも、頻繁にスリの現場に遭遇していました。
そして私も一度、スリグループに狙われそうになりました。

どんな状況かというと、
スペイン人ではない、一人の若い女性が近づいてきて(他にも人がいっぱい居たにもかかわらず)私に、
「▽□〇☆%駅はどこ…?」と、か細い声で訊いてきたのです。

よく聞き取れなかったので、
とっさに「Cómo?(何?)」と反応したのですが、
すぐに怪しいと気づき、周りを冷静に見渡すと、
その彼女の後方と、私の右後ろに、仲間らしき男が。

私は地下鉄のドアのところに立っていたので、
彼らが囲むことは無理だったので、
すぐに無視をして、他の人の隣りに移動して助かりました。

地元の人たちが大勢乗っているのに、
一目見て外国人とわかる私に駅を訊くこと自体変なのですが、
聞き取れない小さな声で話しかけてくるのも手口。

わざとわからないように言葉をかけてきて、
こっちが理解しようと一生懸命になり、会話に集中しているすきに、
仲間が盗むという、よくあるシナリオ。

そういう手口があると知っていたものの、
実際に声をかけられたときは、
一瞬忘れて、自然に「助けてあげよう」と思った自分がいました。

準備していない不意の出来事の場合、
日本での習慣が出てしまうので要注意です。

常に荷物に注意しているオーラを出し、
道などを訊かれても、隙を見せずスペイン語がわからないふりをして無視するのがいいでしょう。

バルセロナで実際に目にしたスリの状況

毎日のようにメトロで通っていたので、
いろいろな場面に遭遇しましたが、

そのうちの一つが、
最低2人組で、乗車時に狙っている人を挟むように、前後にスリが立ち、
乗り混むとき、突然前のスリが立ち止まります。

すると、狙われている人も乗れなくて足を止める。
そして、後ろのスリにぶつかります。
すると、そのすきに、リュックから物を盗む、という手口。

何もないのに、後ろからぶつかって来ると不自然ですが、
そういう状況で、後ろの人にぶつかると、狙われている人もスリだと警戒しない。

しかも、入り口での出来事なので、スリたちは盗んだ後、乗らずに逃げてしまい、
盗まれた人は普通は乗ってしまうので気付いても、どうすることもできないという状況になります。

リュックは後ろに背負わないで、必ず前で抱えるように持ちましょう。

マドリードで見たスリの状況

マドリードでも一度、一緒にいた友人が狙われそうになったことがありました。
その時は、そんなに満員でもないメトロの中で立っていると、
急に5.6人の、その時もスペイン人ではない若い女の子が、どこから現れたのか、
日本人的には、その至近距離…と思うほどに近づいて、友人を囲むように立ちました。

私も友人もすぐに気づき、その場を離れ別の場所に移動しましたが、
これもよくあるパターンですね。

特に、若い女の子だと、安心してしまいがちですが、
要注意です。

あと友人の話ですが、
マドリードのセントロのブランド店が集まる通りのカフェでランチ中のこと。

場所柄からも、お客さんもスーツ姿のひとがほとんどで、
店内も安全オーラが漂う中、
一人がカバンを置いたまま、席を離れたすきに、
別のお客さんと思われていたスーツ姿の男が、カバンを盗んで走って出て行ったとか。

まさか泥棒だなんて…というルックスの人が泥棒だったりするので、
油断はできません。

比較的治安がいいマラガで今思うと危ないと感じること

12年前に来たマラガもここ数年の間に、街もきれいになり、地価も上昇。
外国人・観光客も増えてきています。

来た当時の、長閑さは少なくなってきていますが、
今まで危ない思いをしたことは一度もありません。

マラガで住んでいたピソのすぐ裏が危ない地区だった

ただ、今思うと、ついていたなと思うのは、
最初の頃にシェアしていたピソのすぐ裏が、
マラガでも3本の指に入る危ない地区だったことです。

それがついているのではなく*_*
結構長い間、そのことを知らなかったのですが、
何も危険な目に合わなかったからです。

ピソ(があるところ)自体は、
全く危なくないので、何も感じていなかったのですが、
一度夜遅くなりタクシーで帰ったとき、降り際に運転手さんに、

「知ってると思うけど、あなたのピソの向こうの道、
絶対入っちゃダメだよ!」

と言われ、へーそうなんだと初めて知ったのです。
そして、その後もタクシーに乗るたびに、運転手さんに同じアドバイスを受けました。

あまりにも、みんなに言われるので、
そんなに危ないところなの?と、いろいろな知り合いに訊いてみると、
彼らも絶対に、その道には入らないそう。

普通にしていたら通る必要のない道なのですが、
家の裏だし、ちょっと散歩してみよう…とカメラを持って入ってしまうかもしれません。

その頃、私は学生で勉強に集中しようと決めていた時期で、
今のようにカメラを持って街歩きする時間がなく、今から思うとそれが幸いでした。

通りを一本入ると怪しい雰囲気になるところがあるので注意

上記の例もそうですが、
またこれはマラガだけに限らず、スペイン全般に言えることですが、

通りを一本入るだけで、
雰囲気が変わり、危ない地区になることがあります。

マラガでピソを探しているときにも、
あれっ?セントロだし物件も良さそうなのに安くない?
と思うと、

夜は環境が悪くなり、地元の人は歩かない

という道を通らないといけない場所にあるピソだったりしました。

観光スポットから歩いて2,3分のところなのに、
と驚きましたが。

今では、
一人では昼間でも、人通りがない通りや、
少しでも怪しそうだなと感じる(感じるだけかもしれませんが)通りには入らないようにしています。

旅行者は通常、人が多い観光スポットが集まる場所に行かれるので心配はいりませんが、
カメラ片手にぶらぶら散策したいという人は、
特に人通りの少ない道や安宿の近くの薄暗い道などには、十分気を付けてくださいね。

さらに治安がいいコルドバで注意したほうがいいこと

コルドバは、
マラガよりさらに治安が良いと思いますが、
街の中心部に、細い道が多いので、一人旅の場合は特に注意するに越したことはありません。

誰もいない細い道の一人歩きに注意

例えばシエスタの時間、
出歩いている地元の人たちがほとんどいない静まり返っている時間帯。
周りは住宅で人が住んでいるので危ない地区ではなくても、
怪しいひとが一人いると狙われてしまいます。

一人で、人通りのない細い通りを歩くのは避けたほうがいいと思います。

コルドバ メスキータ付近で注意すること

そして、
スリではないのですが、
メスキータ近くで「植物をあげる」としつこく言ってくるひとがいますが、
貰わないようにしてください。

日本では、街で配っているのをもらうは結構普通のことなので、
いらないけど、とりあえず貰っておこう、と思うかもしれませんが、
その植物をもらってしまうと、お祈りのようなものが始まり、最終的にお金を取られます。

かなりしつこく、手元に置くようにして渡そうとしてくることもありますが、
わからないふりをして、手を隠して、無視してその場を去ることをおすすめします。

スペインでスリや置き引きにあわないために注意すること

最後に、
せっかくの楽しい旅で、スリなどに合わないために注意したほうがいいことをまとめておきますね。

 

・メトロでは死角になる場所や囲まれやすいところに座ったり立ったりしない
・道や駅を訊かれても無視をする
・道で配っているものをもらわない
・人通りが少ない道は歩かない
・逆にお祭りのような人混みにも気をつける
・リュックは前で抱えるように持つ
・バッグはファスナー付きのものを持つ
・常にバッグは体から離さずレストランやカフェでも持ち手を手首に絡めて膝の上に置く
・スーツケース等の大きい荷物も足の間に挟んだり取っ手を持ったりして体から離さない
・レストランでジャケットのポケットに携帯や貴重品を入れたまま椅子の背に掛けない
・「写真を撮ってください」と気軽に携帯を渡さない
・夜出かけるときは荷物を少なくする
・同じ場所や通りでも夜になると雰囲気が変わる場合があるので注意する
・バスターミナル&ターミナル付近は注意する

また何かあれば付け足していきますね。

15年以上、ラテンアメリカ+スペインに住んでいる私が、
一度も危ない目にあったことがないということからわかるように、
必要以上にナーバスにならなくても大丈夫です。

でも、日本の街ではありません。
旅行前に一通り頭に入れておくと、何かがあったときに対応できる安心感+警戒ができるので、
ずいぶん違うと思います。

安全で快適な旅を楽しんでくださいね♪

タイトルとURLをコピーしました