ラテンアメリカ・野球

スペイン語/日本語

ラテンアメリカのおすすめ音楽 – Juan Luis Guerra(フアン・ルイス・ゲーラ)-

ラテンアメリカでラテン音楽に出会い、大好きになったスペイン語の音楽。今回は日本でライブも開催、福岡をテーマにした「バチャータ・エン・フクオカ」も大ヒットしたJuan Luis Guerra(フアン・ルイス・ゲーラ)を紹介します。歌詞付きの動画も載せておきますのでスペイン語の学習にも役立ててくださいね♪
スペイン移住のきっかけ

私がラテンアメリカに移住するまで5「ドミニカ野球の聖地・キスケージャスタジアム(1)」

ドミニカ共和国ウインターリーグは里帰りしているメジャーリーガーも加わる一大イベント。メジャーで活躍している選手の誰もが、このグラウンドの土を踏んでいる、ひとり想像を膨らませ何度も夢に見たスタジアム。そんなドミニカ野球の聖地は、私を優しく迎え入れてくれた。
スペイン移住のきっかけ

私がラテンアメリカに移住するまで4「カリブの野球島」

延々と続いたサトウキビ畑が少し途切れると、山羊と馬が数頭見えた。子供たちの歓声が聞こえてくる。カリブ海に浮かぶイスパニョーラ島の東3分の2を占める、ドミニカ共和国。日米のプロ野球に多くの選手を送り出すこの島を、初めて訪れたのは1997年1月だった。
スペイン移住のきっかけ

私がラテンアメリカに移住するまで3「LAで恋に落ちる(2)」

いよいよプレイボール。期待もむなしく、マウンドにいたのは野茂投手ではなく、色の黒いヒョロっとしたひとだった。 ファースト、セカンド、サード・・・ライト。どこを見ても知らないひとばかり。
スペイン移住のきっかけ

私がラテンアメリカに移住するまで2「LAで恋に落ちる(1)」

1995年夏-。久しぶりに会った野茂投手は、やっぱり大きく見えた。時のひとだ。サンタモニカ、マリナ・デル・レイ、チャイニーズシアター、リトル東京・・・ 観光スポットの至るところで売られている“野茂Tシャツ”。
スペイン移住のきっかけ

私がラテンアメリカに移住するまで1「きっかけは、野茂投手だった!?」

野茂英雄投手メジャー入り決定-。 それが、私のスペイン行きにつながるなんて。誰も予想できないことだった。 もちろん自分にも・・・。 野茂投手にとっての、世界へ羽ばたく“大きな第一歩”。 それが私にとっても、外国で暮らす“小さな第一歩”となったのだった。
タイトルとURLをコピーしました