マラガのクリスマスイルミネーション 2019

マラガのお祭り

スペイン国内でもVigoと並んで、
そのクリスマスイルミネーションが美しいと評判のマラガ。

夏のリゾート地のイメージが強い海岸沿いの街ですが、
この時期も、イルミネーションを見に多くの観光客が訪れ、街中に活気が溢れています。

今日はそのマラガのイルミネーションを、写真で紹介します✣

有名なイルミネーション、ラリオス通り(Calle Marqués de Larios)周辺

まずは、マラガのクリスマスイルミネーションといえば、ラリオス通り。
みんな、このイルミネーションを見るためにマラガにやってきます。

ラリオス通りは通称名で、正式にはマルケス・デ・ラリオス通りですが、
市民の間では、カジェ・ラリオス/ラリオス通りとして知られています。

通り自体が、スペインで最も美しい通りの一つとして有名で、
マラガのショッピングのメイン通りなので、普段から大勢の地元民や観光客で賑わっていますが、
この時期はイルミネーションを見る人も訪れるので、さらに賑やか。

毎年、イルミネーションのデザインが変わっていますが、
今年は大幅に変わるので、以前からかなり話題になっていました。

ちなみに昼間はこんな感じ。
ベースがゴールドなので、ライトが付いていなくても豪華な印象です。

1月5日まで毎日、
18:30、20:00、21:30の3回、大人気の光と音楽のショーが行われています♪

街の中心広場、コンスティトゥシオン広場 (Plaza de la Constitución)周辺

そして、そのラリオス通りの突き当りにある、
街の中心広場、コンスティトゥシオン広場。

こちらにも大きなツリー、デコレーションがあります。

反対側のグラナダ通り(Calle Granada) から見たツリーが、
特にきれい。



ピカソ像があるメルセー広場 (La Plaza de la Merced)周辺

そして、マラガ生まれの画家、ピカソの銅像があるメルセー広場。

ツリーはありませんが、木々に灯る落ち着いたライトが素敵。
ピカソが子供の頃、この公園で遊んだ鳩たちが一緒にクリスマスをお祝いしているかのよう。

そして、その近くにあるセルバンテス劇場 (Teatro Cervantes )も、
きれいにライトアップされています。

カテドラル(Catedral )周辺

カテドラルの横にも、大きなツリーがあり、特に夜は幻想的。

近くのホテルもライトアップされ、ツリーが飾られているので、
海側から見ると、二つのツリーが見られます。

そして、そのモリノ・ラリオ通り(Calle Molina Lario)を北に歩くと、
カラフルな風景が広がっています。



街の中心アラメダ・プリンシパル通り(Alameda Principal)

最後は今年きれいに整備され、生まれ変わった、
街の中心通り、アラメダ・プリンシパル。

歴史ある大きな木にも、定番のイルミネーションが。
今年から、歩道が広くなったので、今まで以上にライトの下での散策を楽しめます。

そして、その海側にある、ソーホー地区(Soho)のイルミネーションは、
こちら。

また、海近くのマリナ広場(Plaza de la Marina)にも、大きなツリーがあり、
クリスマスマーケットが開かれています。

まだまだ小さな通りなど、
かわいいイルミネーションがたくさん。

日本では、もうクリスマスも終わりお正月ムードですが、
スペインのクリスマスはもう少し続きます。

改めて、動画でも紹介する予定ですのでお楽しみに✣✣✣

 

***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***

マラガのお祭り
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました