コーヒーが10種類⁉ 知っておきたいマラガでのコーヒーの頼み方

マラガで食べる・飲む

スペインの人たちは、スペインのコーヒーに誇りを持っていて
“うちの近くのバルで飲むコーヒーが一番美味しい!”というコメントをよく聞きます。

スタバなどのチェーン店や新しくできたお店などでは、独自のメニューや淹れ方がありますが、古くからある地元のバルでは、エスプレッソマシンで淹れた濃いめのコーヒーが出てきます。

店員泣かせ? スペイン人のこだわりあるコーヒーの注文の仕方

そして、そのコーヒーの頼み方も、

  • 「ミルクは常温で、コーヒーはカフェイン抜きで」
  • 「私もカフェイン抜き。でもマシンじゃなくてインスタントコーヒーで。ミルクは熱くしてね」
  • 「私は普通のコーヒーに熱いミルクを入れて。でもお砂糖の代わりにサッカリンにして」


………等々と、本当に注文が多いんです。

常連さんになると、コーヒーカップかグラスかを指定する人も。
しかも、家族やグループなどで来る人がほとんどで、大人数が一斉に注文します。

ウエイター、ウエイトレスさんはたいへん!
でも、注文をメモしている人を殆ど見たことがありません。

emi
emi

一体どうやって覚えるの…?
尊敬の一言。私には絶対に勤まりません *_*

マラガのコーヒーのバリエーション

そして、そして…

マラガではそれに加えて、コーヒーとミルクの割合によって、
こんなにも沢山のバリエーションがあるのです。

  • Cafés de Málaga(マラガのコーヒー)

    上の段の、
    solo(ソロ),largo(ラルゴ),solo corto(ソロ・コルト),mitad(ミタ―) がコーヒーの割合がミルクより多い~半分までの場合。

    そして下の段の、
    corto(コルト),sombra(ソンブラ),nube (ヌべ)がミルクのほうが多い場合。

マラガのコーヒーの名前、それぞの意味

それぞれの名前の意味とコーヒーの割合は、

solo…~のみ…コーヒーのみ…black 100%
largo
…長い…コーヒーの量多め…extra strong 90%
solo corto
…corto (ショート)のみ…エスプレッソ…expresso コーヒーのみ 60%
mitad
…半分…コーヒーとミルク半分ずつ…half and half 50%
corto
…短い…コーヒーの量少なめ…short 30%
sombra
…影…影のようにうっすらとコーヒーの色が…shadow(コーヒーの量かなり少なめ)20%
nube
…雲…雲のように白い(ほとんどミルク)…cloud 10%

ちなみにこちらは、マラガのIKEAのキッチン(カフェ)のデコレーションのディスプレイです。
cortoがcortadoになってるけどご愛嬌。
*cortadoはマラガ独特のコーヒーのバリエーションではありませんが、スペインの一般的なコーヒーの淹れ方の種類の一つです

emi
emi

スウェーデンの会社のこのアイデアは、自分たちのコーヒーに誇りを持っているマラガの人たちにとって、ポイントアップ間違いなし。
マラガ店だけのために作ったのかな? それだったらすごいね *_*

マラガの10種類のコーヒーのバリエーションの生みの親『Café Central Málaga』

ちなみにsolo corto、私のマラガ生活10年間で一度も注文しているのを聞いたことがありません。

時間とともに、あまり注文されないコーヒーの呼び方はだんだん聞かれなくなり、使われなくなっていっているのかもしれませんね。

実は以前はもっとバリエーションが多く、10種類ありました。

そして、その10種類のバリエーションの生みの親は、マラガの街の中心にある老舗カフェ『Café Central Málaga』

最後の『No me lo ponga』というのは「(何も)入れないで!」という意味。

emi
emi

「何も入れないで!」も含めて “10種類”のコーヒーの淹れ方になるんですね、笑。

✿ Café Central Málaga ✿
住所:Plaza de la Constitución 11  Málaga 
電話: 952 22 49 72

実はとても実用的なマラガのコーヒーの呼び方

この10種類のコーヒーのアイデアが 『Café Central Málaga』 で、生まれたのは1554年。

発端は、それまでの呼び方だと、
「カフェ・コン・レチェだけど、少しミルクを多めにして!」
「私はミルクを普通より、かなり多めに!」

というように、注文する人が多く、

常に、
「どんなカフェ・コン・レチェ?」
と訊かなくてはいけなかったので、

一層のこと、コーヒーの割合をもっと細かくして、それぞれに名前を付けたほうが注文するほうも、受けるほうもラクだろう!

と思ったからだそう。

確かにそうですねー。

10種類もあって大変だ!じゃなくて、そのおかげで、名前を一言いうだけでスムーズに注文できるようになったんですね。

マラガで地元民のようにカフェ・コン・レチェを頼んでみよう!

そんなマラガのコーヒーですが、

一番みんながよく頼むのは、やはりcafé con leche (カフェ・コン・レチェ…日本のようにコーヒー+コーヒー用ミルクではなく、カフェオレ)。

でも「カフェ・コン・レチェ」と頼んでいる地元の人は、ほとんどいません。

マラガでは mitad 。
発音は、最後のdはほとんど発音せず「ミター」という感じ。

でもでも、

スペイン語勉強してるから、カフェで「カフェ・コン・レチェ、ポルファボール!」と頼むのが楽しみだったのになぁ…(*_*) という方。←昔の私、笑

もちろん「カフェ・コン・レチェ」でも通じるのでご心配なく!

ただ「マラガの人ではないな~」という感じ。

emi
emi

見た目、日本人だし、100%マラガの人じゃないことわかってるし、別にマラガの人じゃなくていいんですけどね…笑


でも、せっかくなので、マラガのカフェに行かれた時は
「un mitad, por favor!(ウン・ミター・ポルファヴォール」
と頼んでみてください。

逆に店員さんに驚かれたり、喜んでもらえたりするかも。
店員さんとの距離が縮まること間違いなしです。

カフェイン抜き、ミルクの温度、インスタント、グラス入り等の注文の仕方

そして最初に書いたように、

・ミルクは温かい(leche caliente)か、冷たい(leche fria)か、常温(leche templado)か
・コーヒーはカフェイン入り(café café)か、カフェイン抜き(café descafeinado)か
・カフェイン抜きの場合、コーヒーマシン(café descafeinado de maquína)で入れるのか、
 インスタント(café descafeinado de sobre)か
・お砂糖(azúcar)か人工甘味料(sacarina)か

などの希望を伝えることができます。

emi
emi

『café café』というのはカフェイン入りのコーヒーのこと。
単語を2回繰り返すと“本物の・100%の”という意味になるので「(カフェインが入った)本物のコーヒー」はcafé café。
フォーマルじゃない話し言葉ですが、普段の会話によく使います!

でも、スペイン語がわからなかったり、いちいち注文するのが面倒くさい場合、何も希望を言わなければ、スタンダード(カフェイン入り、コーヒーマシンでいれたもの)のコーヒーが出てくるのでご安心を。

熱~いホットコーヒーが飲みたいときの注文の仕方

また、こちらは猫舌の人が多く、暑いときに熱いものを飲むという習慣もなく、“すごく熱いから気を付けて!” と言いながら、生ぬる~いコーヒーが出てくることがよくあります。

少し飲んでみて、温めなおしてもらって…となると結構時間もかかり面倒なので、熱~いコーヒーを飲みたい場合は 

muy caliente, por favor(ムイカリエンテ、ポルファボール)”と言って頼むのを、おすすめします。

「マラガのコーヒー」のデザイングッズを是非お土産に!

そんな語ることが多いマラガのコーヒーをデザインしたグッズもちらほら見かけます。

こちらは街のお土産屋さんで売っているエコバッグ。
『Café Central Málaga』にも、イラストのカードやコーヒーカップなどもあります。

マラガのカフェで飲んだコーヒーの思い出に、
そしてコーヒー好きな人へのお土産にもおすすめです♪

 

マラガで食べる・飲む
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました