Renfe 鉄道マラガ駅 -Málaga, María Zambrano 駅-

マラガ基本情報

マラガの鉄道の玄関口、
レンフェ(Renfe)の マラガ・マリア・サンブラーノ(Málaga María Zambrano) 駅。

(*スペイン語ではZaは「ザ」というより濁らない「サ」に近い発音になるので「サ」と表記します

レンフェとは、Red Nacional de los Ferrocarriles Españolesの略で、
スペイン政府100%出資の鉄道会社。

マドリードなどから鉄道でマラガに来ると、ここマラガ・マリア・サンブラーノ駅(以下マラガ駅と呼ぶ)に到着します。

岡崎慎司選手がインタビューされていた、マラガ駅

最近だと、そう!

https://www.youtube.com/watch?time_continue=3&v=8BfARfqb1Jk

サッカーのMálaga CFに加入した岡崎慎司選手が、スーツケースを持って現れてインタビューされていた、あの駅です。

駅の改札を出てすぐのところ(実際には切符を通す改札はなくホームから外に出るだけ)でインタビューされていますが、
ビデオを見るとわかるように、かなり明るいスペースが広がっています。

列車を降りた人が必ず通るスペースで、インタビューにはピッタリ。
今までにも、この場所で現レアル・マドリードのイスコ選手や、現ビジャレアルのカソルラ選手などがインタビューされているのを見かけました。

ショッピングモールと直結した便利なマラガ駅

なぜ、こんなに広いスペースが?

というのも、マラガ駅は、Vialia(ビアリア)というショッピングモールと直結しているのです。

ちなみにタクシー乗り場は、“改札”を出て真っすぐ歩くと正面にあります。

約70のショップ、カフェ・レストランが入るショッピングモール Vialia

ショッピングモールには、ZARA、Massimo Dutti、Oysho、Pull&Bear、Bershka、Stradivarius、H&M、Swarovskiなどのファッションブランド。

*2019年9月現在、ZARAとMassimo Duttiがクローズされ、ZARAの後に同じinditexグループのLeftiesが入っています

携帯ショップ、家電量販店Media Markt、サッカーMálaga C.F.のオフィシャルショップ、スペイン有名スーパーMercadona。

マクドナルドやバーガーキングなどのファストフードを含む 20のカフェ・レストラン 。
そして映画館、パーキング、美容院などが入っています。

お土産・旅行に便利なグッズも買えるショッピングモール Vialia

そして、旅行者に嬉しいのは、
マラガのお土産品や、シャンプーや歯ブラシセットなどの旅行必需品、
スーツケースなどに付ける鍵、コンセント変換アダプター、携帯エアー枕等々が買えるお店もあり、とても便利。

旅行に関して、何か必要な時、とりあえずこのお店に行ってみてください
便利グッズが見つかるかもしれません。

雑誌や地元の新聞、スペイン語の本など、種類も豊富です。

近郊列車やバスに乗り換え・乗り継ぎの時間つぶしにも困らないVialia

近郊列車のホームもあり、バスターミナルもすぐ近くなので、乗り換え・乗り継ぎ時の時間潰しなければならない時も、快適に過ごすことが出来ます。

ただし、日祝日は、クリスマスシーズンやバーゲン時期を除いて、通常ショップはお休みのところが多いのでご注意を。

✿Centro Comercial Vialia✿ 
住所:Explanada de la Estación
電話:952 040 915
Renfe インフォメーション: 902 320 320 

マラガ駅 セルカ二アス(近郊列車 )のホームの改札は別の場所に

唯一、マラガ駅の不便な点は、AVEなどの長距離列車と近郊列車の改札場所が異なること。

と言っても、近いので知っていると何てことないんですが、知らないと少し迷ってしまうかもしれません。

マラガ駅 セルカ二アス(近郊列車)の改札への行き方

マラガ駅全体はこのようになっています。

出典: adif.es

マドリードやセビリア、バルセロナ等からのAVE・AVANT等は
「AVE・AVANT等の改札」というところに到着します。

そして “改札” を出て、真っすぐ歩きます。
右にあるのがチケット売り場なので、それに沿って右折、少し歩くとすぐに右側にあります。

所要時間 2, 3分。
でも、セルカ二アスの改札の券売機が少ないうえ、迷いながら買っている人も多く、
混んでいる可能性があるので、余裕を持って行ってください。

emi
emi

セルカ二アスが通っている、マラガ市内から西のトレモリノス、ベナルマデナ、フエンヒローラなどの海岸沿いの街は、ヨーロッパからの観光客に大人気!
マラガまでAVEで来て、近郊列車に乗り換えるひとも大勢います。
途中、空港もあるので列車も外国人率が高い。
つまり、切符の買い方などがわからない人も多いので、スムーズに買えず、時間がかかるときが多々あります。

近郊列車に乗り継ぎ無料のAVE・長距離列車のチケットを活用しよう

そうそう、これは知らない人もいるかと思うのですが、
AVE・遠距離列車の切符には、セルカ二アス( Cercanías)=近郊列車の料金も含まれています。

つまり、 出発・到着4時間以内であれば、 近郊列車に(近郊列車から)無料で乗り継ぎができます

例えば、マドリードからマラガ駅について空港まで行きたいとき、マラガ駅からマラガ空港駅までのチケットを買う必要がないということ。

機械で、チケットのCombinado Cercaníasというところにある5文字のコードを入力すると、近郊列車の切符が出てきます。

もちろん窓口でもOK!
わからない場合は、駅員さんに訊いてください。

ミハス (Mijas) などへ行く時も、このシステムを使うと、
フエンヒローラ (Fuengirola) まで “無料” で行けることになるのでとても便利です。

是非、活用してくださいね!

emi
emi

ちなみにコインロッカーは、セルカ二アスの改札のすぐ横にあります。
色々な大きさのロッカーが揃っていて便利!

マラガ駅 荷物検査とチェックイン

ここまで、マラガ駅に到着した場合のいろいろを書いてきましたが、
ここからは、マラガ駅から出発する場合。

マラガ駅構内に入る前に荷物検査

まず、駅に着くと、空港と同じように、中に入る前に簡単な荷物検査をしなければなりません。

マラガ駅は、荷物検査場と改札口とホームが同じ階にあるので、荷物を持っての移動もとても便利。
通常は、荷物検査などもとてもスムーズです。

ただ、7,8月の混雑期は、列車の本数も車両の長さも増えるので、長い列が出来るときもあります。

夏に旅行する人は、早めに到着することをおすすめします。

そして、簡単な荷物検査後、駅構内に入ります。

マラガ駅構内に入って各ホームに入る前に切符のチェックイン

駅に入ると、コスタ・デル・ソルの駅らしく、太陽の光が差し込み明るいスペースが。

小さなキオスクと簡単なカフェ、自動販売機が数台あります。
自動販売機にはドリンクやスナック類に加えて、日焼け止めクリームや歯磨きセット、靴擦れ防止グッズなどもあります。 

そして、掲示板で自分の列車のホームを確認して、チェックイン開始時間になるまで待ちます。

emi
emi

以前の記事 ↓ にも書きましたが、早くから並んでいる人たちが…。
荷物置き場確保など心配な人は、念のため並びましょう!

それと、夏になって車両が増えると、一番先頭の車両まで行くのにかなり歩かなければなりません。
ギリギリになって急いで走らなくてもいいように、やはり早くから並んでいるに越したことがないですね!

https://emispain.com/spain-ave/

そして、時間になれば順番にチェックインしてホームへ。

要注意!「マラガ」とつく名前の駅が二つあり

一つとても大切なことは、マラガには「Málaga」と駅名に付く駅が二つあります

一つは、この記事で紹介している『Málaga María Zambrano(マラガ・マリア・サンブラーノ)駅』
そしてもう一つは『Málaga Centro Alameda(マラガ・セントロ・アラメダ)駅』。

AVEなどで他の都市から到着するのは『マリア・サンブラーノ駅』で、『セントロ・アラメダ駅』は通りません。

ただ、マラガ空港に到着後、セルカ二アス(近郊列車)でマラガ市内に向かう場合、
まず『マリア・サンブラーノ駅』があり、その次に(終点)『セントロ・アラメダ駅』があります。

マラガ旧市街に行く場合は『マリア・サンブラーノ駅』では降りず、
『セントロ・アラメダ駅』で降りてください

『セントロ・アラメダ駅』は名前に「セントロ」と付いているのからもわかるように、
街の中心(セントロ)= 旧市街や港に歩いて行ける距離のところにあります。

一駅とはいえ、スーツケースを持ってだと、かなり面倒なので、間違わないよう気を付けてくださいね。

以上のように、
駅の構造もシンプルでわかりやすく、
大きなショッピングモールにも隣接し、
スペインの都市の駅の中でも、かなり便利な 『マラガ・マリア・サンブラーノ駅』。

スペインの南の玄関口であるこの駅をうまく利用して、
どうぞ快適な鉄道の旅をお過ごしください♪

***こちらに記載しています情報は予告なく変更になることもあります。ご了承ください***

タイトルとURLをコピーしました