外国語として学ぶ日本語の難しさとYouTube「日本語クラス」

YouTube

YouTubeチャンネルの中に、スペイン語圏の皆さんに日本語を学んでいただく、新しいカテゴリー【Aprende Japonés con Emi 】を追加しました。

外国語として学ぶ日本語

日本語はスペイン語と違い、教科書や先生によって文法の解釈が異なり、教え方はもちろん、文法用語や定義も変わるので学習者が混乱してしまうことも多いと思います。

特に外国で、外国の言葉で教えていると、文法用語の訳し方もいろいろなのでもっと大変。
途中で先生や教科書を変えた生徒さんたちは、しばらく戸惑いを隠せないことが多いです。

日本語の生徒さんのモチベーションが続かない理由の一つ

また日本人が学ぶ「国語」と、教え方(学び方)も異なるので、学校で習った文法について、家でパートナーや家族、或いは日本人の友達に聞いたら、

「知らないし、そんなの必要ないよ」
「はぁ?な形容詞って何?」
と言われたり、

習った文法を使って話したら、
「そんな話し方、しないで。気持ち悪い」

と言われたりして落ち込んだりと、それではモチベーションが続かないですよね。

母国語では偉そうに話しているのに、突然日本語で、
「あなたは今日スーパーへ行きますか?」などと言われると、戸惑う日本人のパートナーさんの気持ちもわからなくはないですが *_*

日本語の教え方にも問題が

日本語には「です・ます」で話す丁寧な言葉と、友達言葉があり、ネイティブの私たちですら、時々使い方を間違えて、人間関係がギクシャクすることがあるのに、外国人が学ぶのは大変。

そしてほとんどの教科書では、丁寧な文から学びます。
だから、最初のころは「です・ます」調で、家で日本人の家族やパートナーにも「元気ですか?」とか言ったりするんですよね。

まず、日本語では、一緒に住んでいる家族に、毎日「元気?」と尋ねることもない。
その上「お元気ですか?」と言われると…。

授業では、そんな説明もするのですが、やはり聞いていない人や忘れる人、またスペイン語を直訳して、あいさつ代わりに「元気ですか?」と使ってみる人といろいろです。

そして何より、習った言葉をすぐ使いたくなって当然。
それが使った途端に「すごいね!」と言われるどころか、変な顔をされてしまうのだから、やる気がなくなっても当然。

だからと言って、じゃあ、どうやって教えたらいいの?と言われても、簡単に答えは出てきません。
試行錯誤の毎日です。

少なくともスペイン語では、
「Hola ¿Cómo estás?」(こんにちは!元気ですか?」と初日の授業で習う挨拶を家に帰ってスペイン人に言うと、
「Ohh! si, estoy bien, gracias! ¿y tú?」(おぉ!うん、元気だよ、ありがとう。あなたは?」と返ってくる。
初めて話したスペイン語が通じたその時の喜びは、その後の学習の大きな励みになりますよね。



YouTubeでの日本語のクラス【Aprende Japonés con Emi 】

そこでYouTubeで「日本語のクラス」を始めることにしました。

ただ、わかりやすいように「クラス」と名付けましたが、堅苦しいものではありません。

動画のコンセプト

知っている知識を気軽におさらいできたり、学んだ文法はもちろん正しいんだけど、ここを少し変えてみたり、こういう考え方をしたりするだけで、より理解できたり自然に話せるようになるよ…みたいなコンセプト。

勉強を始めて間もないころにつまずく疑問や問題を解決する、ちょっとしたお手伝いができたらいいな、と思います。

言語の世界のプロになる人以外は、基本的には、細かいことは知らなくていいと思っています。
多くの日本人にとっての英語のように、文法と会話のレベルの差が離れすぎているということが無いように、楽しく話せる人が多くなりますように。

1回目の動画は、日本語の助詞「は」

一回目の動画は「助詞は」について。

学習者は間違いがちですが「は≠主語」。
あまり文法で頭がガチガチになってしまうのはよくないので、そんなに意識しなくてもいいですが、「は=主語」という概念を持ったまま学習するのはよくないです。

…と日本語のブログに日本語で説明しても、スペイン語圏の日本語学習者には伝わらないですが(苦笑)、このブログにカテゴリー「YouTube」があるので、ここでもお知らせしていきますね♪

【Aprende Japonés con Emi #1】partícula は

 

YouTube日本語の学習
emispainをフォロー
Andalucía✿アンダルシア街歩き from スペイン
タイトルとURLをコピーしました